ハードルの低下




お目汚し、失礼いたします。



日曜日のことでございます。
都心の繁華街に行くべく電車に乗っておりましたら
年のころは20代前半と見られる女性が乗車してまいりました。
この女性、私の向かいの座席に座るやいなや持っていたトートバッグから
化粧道具一式を取り出し、なんと衆人環視の中で化粧を始めたのでございます。
電車内で生化粧をする女性がいるということは風の便りに聞いてはおりましたが
リアルで見かけたのは初めてでございました。



女性は周囲の視線など気にせず、何やらルンルン気分で化粧をしておりましたが
やがて化粧を終えると今度はトートバッグの中からノート型パソコンを取り出し
ディスプレイを起こしてキーボードを叩き始めました。
「 生パソコン 」でございます。
生化粧ほどの見苦しさはございませんが
女性が腰掛けているのは長椅子のような座席でございまして
隣にいる乗客からパソコンの画面に映っている文字や画像が
丸見えになっているはずでございます。
プライベートなメールや会社の重要文書を画面の中で広げているとしたら
とんでもない話でございましょう。



嘆かわしいことではございますが
恐らくこういった光景は、もはや珍しいものではなくなっているのかもしれません。
仕事やプライベートでは、たいてい車を使って移動している私ゆえ
電車やバスの中での日常風景がいかようなものなのか存じませんが
たまたま電車に乗って目撃した光景に何やら危機感を覚えました。



ところで私、いつも思うのですが、こういった悪習や愚行の類が
マスコミやネットを通じて喧伝されることによって一般化されてしまい
その障害となるべき倫理・道徳・マナーといったハードルが
どんどん低くなってしまうということはないでしょうか。
現実にこんなことがある、とマスコミでの報道や
掲示板・ブログへの書き込みがおこなわれるたびに
より一層そのようなおこないが手軽なものになってしまうということは、ないでしょうか。
一般庶民をそそのかすことになってはいないでしょうか。
たとえその報道や書き込みのスタンスが、糾弾や叩きであったとしてもでございます。



まぁ、ここでこうして私が駄文を綴ることにより
さような「 一般化 」に手を貸してしまっているという矛盾も
当然生じるわけでございますが
ともあれ、こうしてハードルが低くなっていけば
いずれは生化粧や生パソコンばかりか
人目に触れることを憚るのが本来的に当然であるべきことまで
電車内にて平気でやってしまう婦女子の類も増えてくることでございましょう。
化粧でオッケーなら、顔パックや爪切り、鼻毛を抜くのもイイかも~ ♪
着替えをするのだってアリなら、服を脱いでHをしてもかまわないわよねぇ~ ♥



そうやってハードルがどんどん低くなり
やがては生ペッティング、生クンニ、生尺、生ハメ、生板、生妊娠、生出産が
電車の中でも当たり前というような世の中になってしまいましょう。
何やら空恐ろしいような、ワクワクするような未来図でございます.....





コメント

非公開コメント