非当事者意識




お目汚し、失礼いたします。



各メディアの報道で皆様御存知のとおり、日本年金機構がサイバー攻撃を受け
125万件の個人情報が流出しております。



毎度毎度の事ながら、個人情報の流出というやつは
事態の深刻さに比して、関係者や責任者の当事者意識の低さが
際立つものでございます。
むしろ深刻さに対して危機感や責任感の度合いが反比例している
と言っても過言ではありますまい。



似たような事件が、これまで企業や公共機関において何回かございましたが
此度のように年金に携わる公共機関が狙われて実際に情報が流出したのは
初めてでございましょう。
年金を頼りにして生活しているお年寄りには非常に心配な事件でございまして
現にこの事件を間接的に利用するような形で
個人情報を聞き出そうとする不審な電話の事例が
全国各地において発生しておりますし
流出した情報を実際に利用した犯罪が、これから起きる可能性も捨て切れません。



なのに当の日本年金機構は、トップが謝罪会見を開くだけでございまして
直接の関係者や責任者が表に出て来て説明をする気配などございません。
そしてもし何か起きたときにどういう対応や補償をしてくれるのかということは
一言も触れられておりません。



事件の経緯は徐々に明らかにはなってきておりますが
そこから見えてくるのは、日本年金機構で働いている連中の
恐ろしいほどの「 非当事者意識 」でございます。
怪しいメールの添付ファイルをいとも簡単に開けてしまったり
御丁寧にもメール本文の中のリンクをクリックしてしまったり。
おまけに流出した個人情報のうちの半分近く
55万件にパスワードを設定していなかったとのこと。



さすがにセキュリティソフトは導入していたようですが
いかにセキュリティソフトと言えども、まだ対策のできていない
新種のウイルスには対処できません。
思うに、不用意にメールを開いたり、リンクをクリックしたりした職員たちは
「 セキュリティソフトがあるから大丈夫じゃん 」
とでも思っていたのでございましょう。
こういう人間は単に危機感が薄いというだけではなく
もっと罪深いものを抱えている可能性がございます。



おそらく不倫相手の女性と付き合うときも
避妊薬を飲ませておいて
「 薬が効いてるから大丈夫じゃん 」とばかりに
連日連夜、ヤリまくっているのではございませんかな?
単に当事者意識が欠落しているだけではなく
その根底には女性を性欲の捌け口としてしか見ていない
鬼畜性が潜んでいるのかもしれません。



とにかく、大変なミスをしでかしてくれたものでございます。
にもかかわらず、もうじきマイナンバー制度の導入でございますか?
はぁはぁ、そうでございますか。



責任者出て来い。






コメント

非公開コメント