深刻慄狂疑場




お目汚し、失礼いたします。



2020年の東京オリンピックのメイン会場として建設が予定されている
新国立競技場の工事費用の捻出問題が波紋を広げております。
今や工事費用のみならず、竣工後の莫大な維持費用まで取り沙汰され
問題はいっそう深刻化しているのですが
費用捻出の目途がはっきりと立っているわけでもないのに
工事は今さらやめられない、止まらないというのでございます。



この件に携わっているお偉いさん方は
例によって責任回避や言い訳やゴリ押しに終始しておりまして
実に見苦しいありさまでございます。この調子では
もし、今回の件をはるかに上回るような国家の一大事が勃発したとき
我が国のトップの人間たちは、たぶん真っ先に逃げ出すでしょう。
その終末論的な光景を想像すると、何やら慄然といたします。



そもそもオリンピックは参加している選手一人一人が
主役であるはずでございます。
選手が実力を遺憾なく発揮できるような施設でありさえすれば
たとえデザインが地味であってもよろしゅうございましょう。
それなのに、あんな女性器のオバケのようなモノを作ろうとするとは
何をトチ狂ったのでございましょうか。



それとも何ですか、オリンピックを出汁にして
ひと儲けしようとか甘い汁を吸おうとかしている連中が結託して
わざとあのような馬鹿高いものを作ろうとしているのでございましょうか。
関係者がきちんと国民に対して事情や経緯を説明しなければ
そのような疑いをかけられてもいたしかたございませんぞ。



もっとも、どうせ真相は藪の中となりましょう。
新国立競技場のデザインの選定に関わっていた某建築家は
予算が当初想定していた上限額の、倍近くにまで増えていることに関して
このように申しております。



何でこんなに増えてるのか、分からへんねん



何やらイラッといたします。
まるで場末の飲み屋で、酔った中間管理職のオッサンがこぼしている
愚痴のようになさけない発言なのですが
この言葉こそ、今現にこの国を動かしている連中のお寒い現状を
如実に反映しているのでございます.....





コメント

非公開コメント