不器用な男




お目汚し、失礼いたします。



今日の昼過ぎのことですが
私の店の事務所で見積書を書いておりましたら
左手の甲に小さくて濃い灰色のものを見かけました。
よく見ると蚊でございまして
何やら体をちぢこませ、体全体を丸くしてじっとしております。



顔文字を連想いたしました。
落胆や無力感などを表現するもので
いわゆる「 オルツ 」と称されているものでございます。
 ↓
 orz



私の血を吸おうというのでございましょう。
叩き潰してやろうかと、私はそっと右手を上げましたが、やめました。
滑稽で無防備な姿を晒して私の血を吸おうとしている灰色の蚊の姿が
スーツを着たサラリーマンに見えたのでございます。
妻子のために恥も外聞も捨て、自分の命さえも省みず一所懸命に働く
そんな不器用で一途なサラリーマンの姿がダブって見えたのでございます。



自分の身がいつどうなるともわからない。
しかし生活の糧を得るためには、なりふりはおろか
命の危険さえもかまってはいられない。
ヘタレの私とは正反対の、一昔前の企業戦士のような姿でございました。
その姿に敬意を表し、しばらくそのままにしておりましたら
やがて蚊は血を吸い終えたのか、私の手の甲から飛び立っていきました。



そうやって何やらイイことをしたような気になり
独りよがりな満足感に浸っていた私でしたが
まもなく蚊に刺された箇所が膨らんできて猛烈に痒くなってまいりました。
そのせいで見積書に書き損じが生じ、仕事に遅れが出てしまった次第。
不器用で一途な企業戦士に敬意を表するのも
時と場合によりけりだと痛感いたしました。



それに、そもそも蚊という生き物、血を吸うのはメスだけだそうでございます.....






コメント

非公開コメント