高齢者福祉は爆発だ!




お目汚し、失礼いたします。



体が不自由になり頭もボケてきたため
高いカネを出して面倒を看てもらおう、余生を送ろうとした終の棲家で
虐待されたり殺されたりしてはたまったものではございません。
去年、不審死が連続していた某老人ホームにおいて
なにやら入居者への虐待がおこなわれていたという証拠映像を見ながら
この国の高齢者福祉のお寒い現状を思い知らされる今日この頃でございます。



こんな老人ホームに自分の親を預けっぱなしにして
安穏としている身内の人間は非難されないのかとか
現場の苦労を知らないくせに虐待だ暴言だと騒ぐのはどうよとか
そういった声もございますが、人それぞれ事情がありましょうし
どんな理由があるにせよ、老人ホームの職員が入居者に対して
「 手を抜く 」「 手を上げる 」「 手をかける 」というのは
あってはならないことでございます。



とはいえ、あの老人ホームでおこなわれていた所業は
程度の差こそあれ、もしかすると日本全国津々浦々において散見される
「 老人ホームあるある 」なのかもしれません。
あの証拠映像の中で、職員を呼び出すボタンを押そうとする老人に
押すと爆発するから押すなというようなことを申している職員がおりましたが
もし今仮に日本中の老人ホームに隠しカメラがセットしてあり
ボタン一つで一斉にその映像を見ることが出来るとしたら
虐待映像がモニターを埋め尽くしてしまうのではないでしょうか。



それはまさに、高齢者福祉に対する信頼感を
爆弾で粉々に吹き飛ばすような光景でございます。
あの職員のセリフに、私はそういった現実を想起させるような
不気味なものを感じました。



いずれは私も、老人ホームに入居しなければならなくなるかもしれないと考えると
他人事ではございません。
そして私には、そういう施設に入居できるほどの蓄えもございませんので
問題は余計に深刻でございます.....






コメント

非公開コメント