アスファルトのランナー






お目汚し、失礼いたします。



休日・平日を問わず、街なかでランニングに勤しむかたをお見受けすることが最近多くなりました。
普通にランニングウエアを着て走っているかたはもちろんですが
ちょっとランニング用には見えないような服装
たとえば何やらよそ行きのような印象のあるお洒落なTシャツとジーパン
というスタイルで走っているかたも拝見することがございます。
たまたま先を急いでいたからその格好で走っていたのかと思いましたが
よく見るとそんなに慌てているようには見えないゆっくりとしたペースで走っておりますし
信号のところへ来ると停まって足踏みなどしております。



それなりのスポーツウエアを買い込んで真剣にランニングに取り組もうというつもりがないのか
それともそういった大上段に構えたやり方が御自分の肌に合わないのかは存じませんが
少なくとも健康増進のためにランニングをやるのなら
十分な装備や心構えでやるべきではないかと存じます。
聞くところによれば、アスファルトで舗装された歩道や広場でのランニングは
足腰を痛める原因になるとのこと。
専用のシューズならそういったことになるリスクを減らすことができるそうですが
基本的にはアスファルトの上ではなく、土や草の上を走るのが良いそうでございます。



私も若い頃、ジョギングに励んだことがございました。
ちょっとプライベートでイライラすることがあり
そのストレス解消のために早朝から走っておったのでございます。
一応ジャージの上下を着ておりましたが
靴はランニング専用ではなく普通の運動靴でございました。
そのまま続けていたら今ごろ足腰がガタガタになっていたかもしれませんが
幸か不幸か半年ほどでリタイアしてしまいました。



原因は「 お通じ 」でございます。
早朝ジョギングをすることによって「 お通じ 」が良くなり
走っている最中に便意を催すようになってしまったのでございます。
今ならコンビニエンスストアに駆け込んで用を足すこともできましょうが
その当時はコンビニも今ほど多くはなく
またその中のトイレも一般客が利用することを前提としていなかった頃でございまして
便意を催すたびに私、自宅へトンボ返りをしておりました。
一時間近くも走ったところで腹部に圧迫感や痛みを覚えたときなどは
何度も野グソの誘惑に耐え、イヤ~な汗に全身を覆われたまま帰宅いたしまして
それはそれは辛ぅございました。



今でも早朝に街なかを歩いたりすると、あの時のほろ苦い体験が脳裡に蘇って参ります.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント