笑うピスタチオ




お目汚し、失礼いたします。



正月三が日の最終日、コタツに入ってネットサーフィンをしておりました。
腹が減っていたわけでもないのですが、なんとなく口がさびしかったので
年末に買っておいた袋売りのピスタチオをコタツの上に置き
一粒一粒口に放り込みつつ、タブレットをいじっておりました。



ピスタチオという豆、御存知の方もいらっしゃるかと思いますが
硬い殻をかぶった状態で売られております。
殻は割れ目が入っており、この割れ目を割って取り出した豆を食するわけですが
この割れ目、実が熟すと自然にできるそうでございまして
まるで人間様が食べるとき便利なようにわざわざ割れてくれているようでございます。



植物の実であるにもかかわらず、ずいぶんと人懐っこいやつだなという気がいたしました。
見かけも何やら笑っているみたいでユーモラスでございますが
映画「 リトル・ショップ・オブ・ホラーズ 」に出てくる人食い植物のようにも見えまして
ちょっと不気味な感じもいたします。ピスタチオをWikipediaで調べましたら
主な原産国はイラン・アメリカ・トルコ・シリア・中国・ギリシャ・アフガニスタンなどとのことですが
どこも国際社会において何かと注目の的になる国でございまして
特にシリアが主な原産国の一つだというのは何をかいわんやでございます。
ヘタをすると豆を取ったあとの殻が空薬莢に見えてしまいそうでした。



地球上で多くの紛争が起き、大勢の人間が亡くなったり難民になったりという状況を思うと
コタツに入って豆を食いながらネットサーフィンをしているということに
忸怩たるものを感じずにはいられませんでしたが、いつも月末が近づくにつれて胃が痛くなり
毎月1日に銀行の残高を見て頬の肉が削げ落ちてしまいそうなため息を漏らしている私の胸の内では
忸怩たる思いに無力感が漏れなくついてきて虚しい限りでございます。
そんなことを考えながら、手に取ったピスタチオの一粒に何気なく目をやると
ピスタチオが薄ら笑いを浮かべておりました。



卑小な私をあざ笑ったのか、それともいつでもいつまでも愚かな所業を繰り返す
人類全体をあざ笑ったのかは存じませんが
苦いものがこみ上げてきた私、薄く開いたピスタチオの口を無理やりこじ開け
中の豆に食らい付いた次第でございます.....


                                        プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント