正直な身体




お目汚し、失礼いたします。



昨日、どうにかこうにかインフルエンザから生還いたしまして、本日より仕事に復帰でございます。
まだウイルスが体内に残っている可能性がございますので、人との接触は2日ほど控えねばならず
その間は電話でお客様と打ち合わせでございます。



当初はなかなか熱が下がらず、タミフルも効き目が無さそうだなどと
前回の記事でぼやいておりましたが
あの翌日からウソのように熱が引いてまいりまして、効能に大きな偽りはなかったようでございます。
さすがタミフル、でかしたタミフルといった感じでございまして
「 効き目が無い 」などと失礼なことを書いてしまい、まことに恐縮でございます。
謹んでお詫び申し上げる所存でございます.....<(_ _)>



とはいえ、三日間ほどはかなり苦しい思いをしたのは事実でございまして
このぶんだと半月は寝込むことになりそうだなどとマジで思っておりました。
ただ、そんな状況下でありながらもなぜか不思議と食欲は通常どおりございまして
むしろ通常以上にあったような気さえいたします。



お粥ではございましたが三度の食事は全て平らげましたし、間食をする余裕さえございました。
しかも日が経つにつれて食欲は増し、じきにお粥でない普通の米の飯でもOKな状態となり
寝床で横になっていると食い物のことばかり頭に浮かんで食べたくて食べたくて仕方なくなりまして
トイレで用を足しているときなどは、自分のイチモツを素揚げにして食べてみたくなったほどでございます。



まぁさすがにカレーライスのことが頭に浮かぶことはございませんでしたが
ちょっと自分でも驚くような感覚でございました。
きっとインフルエンザを撃退して健康を取り戻そうとする生物学的な反応だったのでございましょう。



やはり身体は正直でございます。私、まだまだ命が惜しいようでございます.....



                                        プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント