ノドカルジー




お目汚し、失礼いたします。



7月になり、急に暑さが増したような気がいたします。
この暑さで私、早くも夏バテの様相を呈しておりまして
身体がだるくて仕方ありません。
頭も何やらボォ〜〜〜としておりまして、まだ夏の取っ掛かりだというのにこの有様では
8月の猛暑、9月の残暑を乗り切っていけるのか、非常に不安でございます。



今日の昼すぎ、公園でアイスを食べている
小学生ぐらいの男の子の二人連れを見かけました。
四角くて白いアイスに木のスティックが刺さっているシンプルなものでしたが
暑かったせいか非常に美味しそうに見えました。
冗談めかして

「 おいしそうやなぁ~。オッチャンにも食べさせてくれへんかぁ 」

と声をかけようと思いましたが、私はあわててその言葉を飲み込みました。



最近はインターネットやメール、SNSなどの普及によって
子供たちを犯罪や事故から守るための情報インフラが整備されております。
しかし反面、そういったインフラが利用者を神経過敏にしたり
誤った情報を拡散したりすることもございます。
何の気無しに私が申した冗談が、二人の少年においては変質者の言動と受け取られ
即座にその情報が拡散するということもありえるわけでございます。



私が子供のころは、初対面であろうが顔見知りであろうが
外で遊んでいる子どもたちに気安く冗談を言ったり
馴れ馴れしく話しかけたりするオッチャン・オバチャンを
よく見かけたような気がいたします。
しかし今はそういうことはなかなか難しくなっているようでございまして
いろいろと理由はありましょうが、上記のような情報インフラの負の側面が影響して
大人が子供に声をかけにくくなっているという現状も多少はあるのではないでしょうか。



ノスタルジーに取り憑かれているようで気が引けますが
昔は大人と子供がお互いにもっと身近だったような気がいたします。
外を歩けば街なかでも田んぼを見かけることがあり
田んぼのそばで遊んでいる子どもたちに大人が何気なく話しかけ
田んぼを泳ぐオタマジャクシに例えて精子と卵子の合体を説き
子どもたちに生命の神秘を知らしめたものでございます。



しかし、今やそういったのどかな光景は望むべくもございません。
もしそんなことをすれば、たちまち通報されてしまいましょう。
それに、もはや田んぼを街なかで見かけることなど皆無に近く
そもそも外に出て遊ぶ子供自体、あまり見かけなくなってしまいました。
悲しいことではございますが、それが現実でございます。



もしかすると何やら私、妙なことを書いてしまったかもしれません。
折からの暑さのせいでございましょう。何とぞ御勘弁くださいまし.....


                                        プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント