自転車ブーム






お目汚し、失礼いたします。



近頃は不景気による経費節減やCO2排出量の削減、あるいはみずからの健康増進のため
自動車やバスの利用をやめて自転車通勤をするサラリーマンが増えているとのことでございます。
そのため自転車そのものはもちろんのこと
関連するグッズやファッションも売れ行きが良いようでございますが
そういった賑々しい自転車ブーム、ポジティブな側面ばかりではございません。



ルールやマナーを守らない自転車乗りが多いのは以前から取り沙汰されておりますが
最近はそれに加えて、自転車の安全性よりもファッション性を重視し
ブレーキの付いていない「 ピスト 」と呼ばれる競技用自転車を公道で乗り回す
あるいはブレーキの付いている自転車からわざわざブレーキをはずして使うといった
無謀な行為に及ぶユーザーがいるとか。
ブレーキ無しでどうやって止まるのか素人の私にはよく分かりませんが
警察はこういった現状を踏まえて自転車乗りに対する取締りを強めているようで
そのような自転車に乗っていた廉で某お笑いタレントが警察に摘発された
というニュースも伝えられております。



これら一連のニュースを先月末の朝、テレビの情報番組で知り
仕事で車を利用することがあるゆえ、運転の際、自転車に対しては
これまで以上に注意を払わなければならないなと肝に銘じた私でございますが
そういった昨今の自転車事情が報じられてから10分乃至15分ほど経ったあとのこと。
同じ情報番組において、ミュージシャンの小田和正氏がコンサート会場のステージを
自転車に乗って駆け抜ける映像が流れておりました。



もう60代だというのに精力的にコンサート活動をされている小田和正氏の
エネルギッシュな姿を伝えたいという意図があったのでございましょうが
もう少しタイミングや組み合わせを考えてその映像を流せなかったのか
別の日にオンエアできなかったのかと、歯がゆい思いがいたしました。
自転車の安全運転をめぐる問題や一部の不心得な自転車乗りの存在を伝えた後に、この映像。
私の個人的な印象でございますが、間にある程度の時間を置いているとはいえ
自転車についてのネガティブな報道の後では、自転車に乗ってステージを疾走する
というパフォーマンスを演じる小田和正氏の無防備な姿は違和感がございました。



小田和正氏は日本を代表するミュージシャンであり、私も氏の歌は好きなのですが
このときほど小田和正氏がヘンテコリンに見えたことはございません。
せめて安全性をアッピールするべくヘルメットを着用するべきではなかったか
そんなふうにも思いましたが、それではますますヘンテコリン。
ともあれタイミングや組み合わせというものがいかに大事であるか
痛感した次第でございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント