走り書き 2016年10月21日






お目汚し、失礼いたします。



このところリアルの方の生活が忙しくてブログの更新が捗りません。
言い訳めいたことを書くのは不本意なのですが
ブログに割く時間が確保できないのでございます。
時間はあるものではなく作るものだと申しますが
作るという作業にはけっこう手間がかかるものでございます。



それにたとえ時間を作って書くことができたにしても、色々とタイミングというものがございます。
特に今日のように鳥取で大きな地震が起きて余震が続いたり
何か悲惨な大事故・大事件が勃発したときなど
ついつい記事内容によっては投稿を躊躇してしまう場合がございます。
それは私に人間的な一面がある故なのか
それとも単に自分がヘタレで意志薄弱な日和見主義者である故なのか
あるいはその両方なのか、よくわかりませんが
少なくとも私がプロのブロガーや作家になれないことは確かなようでございます。



プロと申しますと、ちょっと気になるニュースがございました。
沖縄の米軍施設の建設工事に反対する住民に対して
警備に当たっていた機動隊員が侮蔑的な言葉を発したとの事。
これはどんな理由があるにせよ、許されることではございません。
反対派住民も機動隊員に対してずいぶんとひどいことを言ってるじゃないかという
機動隊員を擁護する意見もあるようですが
機動隊員というのは、こういった場や事案に関してのプロなのでございますから
何を言われてもプロならプロらしく冷静に対処すべきでございましょう。
もちろんそれは機動隊員に限らず、どのような分野のプロについても当てはまることでございまして
プロの市民についても同様でございます。



もっとも、この「 プロ市民 」というやつ、「 プロ市民なるものは、存在しない 」と平気で申しますゆえ
ごく一般的なプロの概念では把握できない、ちょっと変わったタイプのプロではないかと存じます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント