Silent Voice






お目汚し、失礼いたします。



幼少の頃の一時期ですが、家庭の事情で私、キリスト教系の幼稚園に通っていたことがございます。
キリスト教系でございますので、毎年クリスマスシーズンのこの時期になると
幼稚園を挙げてのイベントがおこなわれ、園児もそれに参加せねばなりませんでした。



私がその幼稚園に通っていたのは、せいぜい1年か1年半ほどでございまして
このイベントに参加させられたのは一回だけでございました。
そのときのイベント内容は、クリスマスイブの日に親や保護者が見守る中
園児たち全員で「 きよしこの夜 」を歌うというものでございました。



リハーサルや練習を何日か繰り返したのち、本番当日がやってまいりまして
聖歌隊のような白い服を着た私たち園児は、親や保護者たちの前で
「 き~よし~ こ~のよる~♪」と歌を披露いたしました。
私以外の園児は皆、飲み込みや覚えが良く、練習も本番もソツなくこなしていたのですが
落ちこぼれの私は最初の「 き〜よし〜 」のあとの歌詞がまったく出て来ません。
で、どうしたかと申しますと、あとの歌詞を全部クチパクで誤魔化したのでございます。



我ながら実に悪知恵のはたらく幼子だったものでございます。
イベントが終わり、家に帰って幼稚園からもらったクリスマスケーキを私といっしょに食べていたとき
母は私に、声が小さかったので私の歌声が聞こえなかったというようなことを言っておりました。
そもそも歌っていなかったのですから聞こえないのも当然でございます。



もっとも、果たして本当にそうだったのか、今となってはよくわかりません。
何しろ幼いときのおぼろげな儚い記憶でございます。
実際はクチパクも何も、為すスベも無く単に立ち尽くしていただけかも知れず
母はそんな私を哀れに思って、あのようなことを言ったのかもしれません。
いつか私が主の御許に召されることになり、母と再会したおりに
本当のところはどうだったのか、尋ねてみることにいたしましょう.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント