他戒






お目汚し、失礼いたします。



年の瀬が近づくにつれ、街の様子が一層慌ただしくなっております。
歩道をせかせかと歩く人々を見かける一方で車道はクルマの渋滞でございまして
運転している方々はさぞかし苛ついていることでございましょう。
私もクルマで移動することが多いので
師走に限らず忙しいときに渋滞に巻き込まれると、気もそぞろでございます。



渋滞していない車道では、せっかちに車線変更をしてスピードを上げるクルマもあり
急いでいるという気持ちは理解できるものの
随分と危なっかしいことをするもんだなと眉をひそめてしまいます。
まるでクルマそのものがオシッコを漏らしそうになってトイレに駆け込もうとしているように見え
もっと気分に余裕をもって運転することに努めようと
人のふり見て我がふり直せと自戒する次第でございます。



しかし、さすがに今日は私も焦っておりました。
運転中に尿意を催し、トイレを借りるために私
鵜の目鷹の目でコンビニを探しておったのでございます。
いけないことだとは思いつつも、ついついアクセルを踏む足に力が込もってしまいましたが
このときはどういうわけかコンビニがなかなか見つかりません。
ハンドルを握る手に脂汗が滲むのを意識しながら
某大手ショッピングセンターを見かけた私は、即座にその駐車場にクルマを停めました。



ショッピングセンターのトイレに駆け込むと、小便器の前に立っている先客がおりました。
背の低いその老人が立っている隣の便器の前に立った私は
安堵しながらズボンのファスナーをおろしました。
で、用を足そうとしたところ、ちょうど排尿を終えた隣の老人が
しずくを落とそうと腰を振り始めたのでございます。



その動きが妙に大げさでしかも長ったらしく
たとえて申すならラジオ体操をやっているような動作なのでございます。
大きく腰を落としたかと思えば高く高く伸び上がり、右へ左へと円を描くように腰を振る。
イチモツを握った両手はほとんど動かさず
上下左右に前後左右、たてたてよこよこ丸描いてチンチン、はじめチョロチョロなかパッパ
赤子泣いてもフタ取るな、ムスコ吠えてもマスかくな、とばかりに腰を動かすのでございます。



元気なお年寄りだなとは思ったものの、色んな意味で危ない感じがいたしましたので
すぐにその場を離れたかったのですが
私はと言うと現に排尿が続いている状態でございまして、動くわけにはまいりません。
幸い、その老人の手や飛沫が私の竿とか衣服に触れることは無く
やがて老人はおもむろにズボンのファスナーを上げると
打って変わったようにノロノロとした本来の老人らしい動きでトイレをあとにいたしました。



まぁよほど立派なモノをお持ちだったので
あのようなエキセントリックな動作にならざるを得なかったのかもしれませんが
トイレと言えども公共の場でございます。
他の利用者に警戒心を抱かせたり迷惑をかけたりするようなマネは控えてもらいたいもの。
私などモノが小さいせいもありますが、用を足したあとにせいぜい2、3回腰を振り
イチモツを絞るように手先をシコシコと動かす程度でございます。



できればあの老人に「 人の振り見て我が振り直せ 」と他戒してやりたいところでございました.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント