指ダンス






お目汚し、失礼いたします。



ちょっと古い話になってしまいますが、復興庁の今村という大臣がキレておりました。
「 行政は東日本大震災による原発事故の被災者を切り捨てている 」と
記者会見の場でフリージャーナリストに追及され
その畳みかけるような質問や発言にイライラが募ったようでございます。



煽りに弱い70歳の御老人にしてみれば、相当なストレスだったのかもしれません。
前任の大臣なら「 いいかげんにしないと、あなたのパンツ盗んじゃいますよ♪」
とジョークの一つでも言って華麗にスルーしたのでしょうが
失礼ながら、そんな余裕があの御老人にあるとは思えません。
森友学園問題で首相がいきり立って答弁していたのが印象に残っておりますが
最近の政府要人は沸点の低いかたが多いのでしょうか。



まぁしつこい煽りはともかく、人間誰しも些細なことでイライラしてしまうことがございます。
沸点の低い人間は、そのイライラをどこかへ逃がして分解する能力に欠けているのですが
ただ単にイライラを逃がして分解すればイイかと申しますと
その逃がし方や分解の方法があまりスマートでなければ、これもまた考えものでございましょう。
うまく逃がして分解しているつもりでも、「 オレはイラついている 」「 あたしはストレスを感じている 」
というのがバレバレだというのはいただけません。



先日、とある量販店で買い物をいたしまして
レジで支払いをする際、財布から小銭を取り出すのにもたついたことがございました。
まぁレジに行く前に財布から取り出して用意しておけばよかったのですが
私の後に誰も並んでいないのでかまわないだろうと思ったのでございます。



商品をレジのカウンターに置き
財布からジャラジャラと小銭を取り出して数えている私の視界の端に
レジ係の男性店員の手がございました。
その5本の指が、なかなかお金をそろえることができない私にイラついているらしく
トントンとカウンターの上でワルツを踊っておりまする。
ワルツはやがてタンゴになり、さらには激しいタップダンスと化したのでございますが
ようやく小銭をそろえた私がお金を差し出すと
店員はさっきまでアップテンポなパフォーマンスを演じていた手を使って
手馴れたしなやかな動きでお金を受け取りました。
そして垢抜けた笑顔と声で「 ありがとうございました 」と申したのでございます。



50過ぎのむさ苦しいオッサン客がレジでモタモタしているとイラつくのは分かりますが
何も指でダンスを踊ることもございますまい。
ベテランと思われるその店員、自らの接客応対に自信を持っている様子が窺われましたが
心の内のイライラを見透かされていては一人前とは言えませんゾ。
もっとも、おまえのようなイタイタシイ中年男が何を言うかと逆にツッコミを入れられそうですが
レジのカウンターで指ダンスを踊ることができるのなら
せめて私の股間でポールダンスを踊ってイカせるぐらいのサービスはやってほしいものでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント