カーナビとドラレコ






お目汚し、失礼いたします。



全国的にゴールデンウイークに突入いたしまして本日は天気も晴天
各行楽地は観光客でさぞかしごった返したことでございましょう。
特に高速道路では毎度の事ながら激しい渋滞が生じていたに違いありません。
週刊SPA!のネット記事に書かれていたのですが
このような渋滞を避けるために早い目に高速道路へ入ろうとする際、タイミングが大事とのこと。
中途半端に早く出かけて渋滞に巻き込まれるとかえって高速道路での走行時間が長くなり
精神的にもストレスが大きくなるのでございます。
当たり前のことかもしれませんが出発するなら、かなり早い目に
そしてできれば渋滞のピークを過ぎてから高速道路に入る方が時間的にも精神的にもイイそうです。
大型連休における高速道路を攻略する鍵は早漏と遅漏なのでございます。



ところでドライブをする際に、あると便利なのはカーナビとドラレコでございます。
カーナビゲーションは地理不案内の場合の強い味方となりまして
ドライブレコーダーは事故やトラブルの場合の「 お守り 」でございます。
しかしこの二つ、必ずしもそういったプラスの面ばかりではございません。



たとえばカーナビは近道や裏道などを提供してくれますが
それが危険と隣り合わせの場合もございます。
以前、山中の道でスマホのカーナビを使って車を走らせていたところ
どんどんどんどん山深く奥深くへと入っていき
気がつけば人跡未踏のジャングルのような場所にやってまいりました。
抜け道を通って帰ろうとしたらとんでもないことになったわけで
幻の雪男イエティのような、あるいは田亀源五郎の劇画に出てくるような
毛むくじゃらの山男がどこからともなく現れ
うかつに車から外に出ようものならたちまち押さえ込まれてケツを掘られそうな
鬱蒼とした山の中でございます。あのときは生きた心地がいたしませんでした。



また、ドライブレコーダーについては事故やトラブルの際に威力を発揮いたしますが
旅の思い出を撮っておくために使うというかたもおられましょう。
そして車の走行記録をドラレコに録画し、あとでそれを再生してみたところ
映像に妙なものが映りこんでいた、ありえない位置に見知らぬ人の姿が見えている
あるいは後部座席に白い服を着た女性がいたということにでもなりましたら
とても「 お守り 」とは言えますまい。
私が何を申し上げたいのか、おわかりいただけただろうか。



大型連休が始まったばかりだというのに
何やら楽しい雰囲気をブチ壊すような話で恐縮でございます。
ともあれ、車に事故は付き物でございますので皆様
ドライブに出かける際は十分御注意くださるよう、お願い申し上げます。
そしてまた車に限らず、旅先での水難事故、山の事故などにも御用心いただいて
良い思い出となるような連休をお過ごしくださるよう、願っておる次第でございます。





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント