カエル取りがカエルになる 【 1/3 】






お目汚し、失礼いたします。



街なかでときおり田んぼのあるところをクルマで通りかかるのですが
季節柄、この時期はカエルの鳴き声が聞こえることがございます。
昔、自宅近所に田んぼがあった私としては何やらなつかしい風景でございまして
思わずクルマを停めて窓を開け、しばしカエルのコロコロという鳴き声に耳を傾けていたりなどしております。



今ではもう完全に都市化された街となってしまいましたが
私が小学一年生だったころ、私の家の近所には田んぼが点在しておりまして
友達といっしょに、そういった田んぼへカエルを捕まえに行ったりしておりました。
田んぼの中や畦道で見つけたカエルにそーっと忍び寄り、手づかみで捕まえるのでございますが
たいていは黒っぽいツチガエルや黄緑色のアマガエルしか捕まえることができません。
友達はそれらよりもやや大きな、緑色のトノサマガエルをときどき捕まえたりしておりました。
ごくまれにアカガエルといって茶色っぽいカエルを見つけることもありましたが
今風に申すなら超レアな代物でございまして滅多に出くわすことがございません。



無断で田んぼに入り込んでいるところを
田んぼの持ち主である農家のおじさんに見つかって叱られるのを用心しながらカエルを捕まえるのは
ちょっとした冒険でございました。
もっとも、農家のおじさんもよほど田んぼを荒らすようなことをしない限りは
私たちのような幼い子供がカエルを獲りに来ているのを黙認しているような空気でございました。
友達はその空気を遠慮なく堪能し、カエルを捕まえることに専念しておりましたが
私はというとその空気を読むことができず、カエルを探しながらも
頭の後ろに目玉がついて農家のおじさんの姿を警戒しているといったありさまでございました。



そんなある日、いつもカエルをいっしょに獲りに行っていた友達が
興味深い話を私のところに持って来たのでございます.....



申し訳ございません。続きは次回更新にて.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント