カエル取りがカエルになる 【 2/3 】






お目汚し、失礼いたします。



前回の記事の続きでございます。
私といっしょにいつもカエルを獲りに行っていたその友達、まぁイニシャルでY君なのですが
あるとき、このY君がものすごく大きなカエルのいる場所が学校の近所にあるらしいと
興奮気味に私に話してくれたことがございました。
大きなカエル、珍しいカエルを捕まえることは小学生にとっては勲章でございます。
Y君がどこからそのような情報を得たのかは分かりませんでしたが
大きさは野球のグローブほどだとのことで、ぜひ二人で捕まえようということになり
学校が終わってからY君とその場所で待ち合わせることになりました。



待ち合わせ場所は大きな日本家屋の屋敷の隣に位置する田んぼの前でございまして
今まで行ったことが無かった場所でした。
怖い農家のおじさんが見張っているのではなかろうかと様子を見ましたが
とりあえず誰も田んぼにはおりません。
しかしカエルを探しているうちにおじさんが姿を現すかもしれず、ちょっと不安でした。



やがてY君が待ち合わせ場所にやって来て
さぁカエルを探して捕まえようということになったのでございますが
何を思ったのかY君、田んぼではなく隣の屋敷の門の中に入っていこうとしております。
田んぼの持ち主のおじさんが屋敷に住んでいて
そのおじさんに「 田んぼにいるカエルを取らせてください 」と願い出るつもりかと思ったら
Y君いわく、この屋敷の庭に小さな池がある。
そこに大きなカエルがいるらしいから、それを今から獲りに行くというのでございます。



獲りに行くって、でも屋敷の中にいるおじさんが、と申しましたがY君
今誰もいないみたいだからサッと行ってパッと獲ってくれば大丈夫だと申すのでございます。
これすなわち、他人の家の庭に入って無断でカエルを獲ってくるというわけでございます。
それはアカンやろとは思いましたがY君は獲る気マンマン
私が引き止める間も無く、蓋付きの水槽のようなものと少し大きめの金魚網を持って
屋敷の門の向こう側に入って行ってしまいました。

( これはマズい..... )

まだ6歳かそこらの子供ではございましたが私、恐ろしいトラブルの予感を覚えて戦慄いたしました.....



重ね重ね恐れ入りますがこの続き、次回更新にて.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント