突然睡






お目汚し、失礼いたします。



年のせいか最近、夜の10時前後になるとハゲしく眠くなり
何気なくベッドに寝転んでふと気がついたら夜中に目を覚ましているということが
多々ございます。
特に風呂上り、スマホやタブレットにイヤホンをつなぎ
動画を見たり音楽を聴いたりしながら横になっているときに
往々にしてそういったことが起きてしまいます。



眠ったという記憶がありません。
突然意識を失ったと言った方が正確かもしれません。
過去にも当ブログにおいてこういったことを綴ったようなおぼえがございますが
最近は状態がもっとひどくなっているような気がいたします。
突然死ならぬ「 突然睡 」といったところでございましょうか。
ナルコレプシーのような睡眠障害ではないのですが
いきなり眠り込んでしまうという点ではよく似ており、困ることがございます。



若い頃は突然睡などまったく縁がありませんでした。
眠気を覚えるということ自体ほとんど無かったような気がするほど
体力的に余裕があったのでございます。
股間の方にもかなり余力がございまして、むしろ女性を見て「 突然立 」を引き起こし
ヘタをすれば「 突然射 」に及びそうなほど精力が有り余っておりました。
悲しいかな今では街なかで女性を見かけても、よほどエロい熟女でもない限り
その場で手コキをやってもらわなければ ピクン とも トクン ともいたしませんが
あの頃はベッドの上に寝そべって自家発電を繰り返しているうちに
ティッシュを手にしたまま疲れ切って眠り込むということはあったものの
ベッドで寝転んでいるだけで不意に眠り込むなどということは皆無でございました。



あらためて思うのですが、年は取りたくありません。
何かを思いながら何かを想像しながら何かを妄想しながら

 ああ、眠い.....そろそろ眠ろうか.....いや.....もう少し.....あのときのことを.....おれは.....

という具合にゆっくりと、やんわりと眠りにつくという睡眠の楽しみが突然睡にはございません。
もっとも、同じ眠りでも頭に「 永遠の 」という言葉がつく場合は
なるべく速やかに、できれば瞬時に眠りたいものでございますが.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント