自転車チャリティ






お目汚し、失礼いたします。



今年も丸一日ぶっ通しでおこなうチャリティ番組が某テレビ局で催されておりました。
出演者には高額なギャラが支払われているとはいえ
このクソ暑いのに大変御苦労なことでございます。
恒例のマラソンランナーが誰になるのかなかなか決まらないだとか
番組の出演メンバーに不倫騒動で顰蹙を買っているお笑いタレントがいるだとか
制作スタッフが心労で自殺を図ったのではないかとか
何やらゴタゴタしているような印象がございましたが
とりあえず番組自体は無事オンエアできたようでございます。
まぁほとんど見ていなかった私がこんなことを申すのも片腹痛きことかとは存じますが。



マラソンランナーはブルゾンちえみという女芸人でございました。
正直なところ私、この女芸人が苦手でございまして
似たようなテイストのネタを披露する芸人で言えば
同じ事務所の平野ノラの方がまだ観賞に堪えうるのですが
事務所の方針なのか、ブルゾンばかりがテレビに露出している印象がございます。



このブルゾン、いわゆる「 ワープ 」をすることなくマラソンの全行程を走り切ったようですが
しかしニュースサイト「 バズプラスニュース 」の記事によれば
ブルゾンが走っている最中、彼女の大きな胸が上下に激しく揺れ動き
視聴者を楽しませていたものの
この激しい上下運動が乳房に過大な物理的負担を生じさせ
乳房の中にある靭帯が切れて垂れ乳になってしまう可能性があるとのこと。

http://buzz-plus.com/article/2017/08/27/op-blouson-chiemi-24television/

マラソン完走後、当然ブルゾンは医師の診察を受けたでしょうが
乳房の状態のチェックもしてもらったでのでしょうか。



一人の女性を垂れ乳にしてまでやらなければならないチャリティ番組とは
いったい何なのでございましょう。
チャリティ活動というものが必要だというのは同意ですが
毎年恒例のこのチャリティ番組が年々痛々しくなり
批判やアンチや揶揄が増える中、あえて続けていこうとするその様子に気が滅入ります。



もうやめろとは申しませんが、そろそろやめることも選択肢に入れてはどうなのでしょうか。
金銭的にも精神的にも自転車操業のようなチャリティ番組は
もはや慈善活動とは呼べないのでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント