最後の放電






お目汚し、失礼いたします。



先月29日、北朝鮮が何の前触れもなくミサイルを発射し
ニュース通信社ロイターのウェブサイトに載っていた資料によれば
ミサイルは北海道の南部、ちょうど日本列島の首根っこを横断するような形で
太平洋上に落下しております。
北海道や東北のあたりではJアラートが発令されたものの
私の地元の大阪府の方では平常通りでございまして
その代わりマスコミ・ネットなど各メディアでニュース速報が流れておりました。



はっきり申しまして私、のんきに構えておりまして、テレビのニュースを見ていても
ミサイルの飛行経路と台風15号の進路予想図との区別が、よくわからなかったほどなのですが
さきほどあらためてミサイルの飛行経路をググって見ましたら
その危険極まりないありさまに、遅ればせながら危機感と怒りが込み上げてまいりました。



北朝鮮の意図は不明ですが
もう少し飛行距離が短かったり、ミサイルが途中で爆発したりした場合
どのような事態になっていたかと思いますと、背筋が凍り付いてまいります。
文字で表現すると「 日本列島を飛び越えて太平洋にミサイルが落下した 」ということになりますが
これを画像としてテレビやネットを通して見た場合
北朝鮮の非常識極まりない傍若無人な所業がヒシヒシと伝わってくるはずでございます。



今回、Jアラートは躊躇やトラブルも無く鳴ったわけですが
ではJアラートで身を守れるかと言うと
これはほとんど望み薄といってもよろしゅうございましょう。
ミサイルの着弾とJアラートの発令との時間差はきわめて短く
緊急地震速報ほどではないにせよ、わずか数分でございます。
その数分間で、通常の被害はもちろん
核弾頭や生物化学兵器がミサイルに仕込まれていた場合の被害も回避する行動をとらねばならず
これは事実上、不可能でございます。
核シェルターの類が日本全国津々浦々に設えてあるのならまだしも
未だに公共施設の耐震補強や古くなったトンネル、ガス管・水道管などの補修作業を
ノロノロとやっているのが現状なのでございます。



つまり、もし仮に、あくまでももし仮にでございますが
ミサイルが日本列島本土に発射された場合
その着弾点にいる市民が助かる確率はゼロに近いということでございます。
他人事のように書いておりますが
もちろん私もその助かる確率がゼロに近い市民の一人でございます。
ミサイルを撃つ側があらかじめ「 ココとアソコに撃つからよろしく 」などと
申すわけがないからでございます。



ミサイル発射の確認後Jアラートが発令されてからのわずか数分間、何ができるかと申せば
これはもう何もかも諦めるより致し方ないと、個人的には私、そう思っておりまする。
しかしただ座して死を待つよりは何か一つ、やりたいことをやってから逝きたいもの。
そこで私、いつでも自家発電ができるように燃料として
スマホに二階堂ふみとか藤田ニコルのできるだけエロっぽい画像を保存しておくつもりでございます。
そして肝心なときにイクことができないという情けないことにならぬよう
本日より禁欲生活に入る所存。



もしJアラートが流れたおりには、たとえ街なかだろうと人前だろうと
即座に自家発電を開始するつもりなのでございますが
ただ気がかりのは、覚悟を決めて自家発電を完遂したもののJアラートが誤報だった場合
あるいはミサイルの迎撃が成功した場合など
何らかの理由でミサイルが着弾しなかった場合でございます。
命が助かったのは何よりですが、街なかで、あるいは人前で自家発電をやってしまった私の立場は
どうなるのでございましょう。



イキ恥をさらすとは、まさにこのことでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント