凌駕が決め手




お目汚し、失礼いたします。



ここ数日、マスコミを賑わせている二つのニュースがございます。
一つは元民主党代表、小沢一郎氏と現代表、野田佳彦氏の
消費税増税をめぐっての対立問題。
もう一つは俳優、高嶋政伸氏とその妻でモデル・女優の美元氏との離婚裁判でございます。
そしてこの二つのニュースにおいてクローズアップされている共通の図式がございます。
それは、お互いに落としどころを探そうとする姿勢が見られないということでございます。



今日、野田氏と小沢氏の2回目の会談がおこなわれたようでございますが
消費税増税を何としても押し切ろうとする野田総理と
それはやるべきことをやってからというのが筋だとする小沢元代表との間に
歩み寄る余地はどうやら無かったようでございます。
そして同様に、高嶋・美元の離婚裁判でも
両者ともに自らの主張を曲げることは無く、平行線のまま進んでいきそうな雲行きでございます。



この高嶋・美元の離婚裁判ですが
価値観の違いや性格の不一致を理由に夫、高嶋政伸氏が訴えを起こしたようで
とにかく妻、美元と別れたい。
芸能生活を投げ打ってでもいいから、とにかく別れたいとのこと。
反対に美元氏は、絶対に別れたくない、添い遂げたい。
旦那のことは今も愛している、別れたくないと申しております。



こんなことを言われるのは男冥利に尽きるといえましょう。
しかし価値観や性格の合わない女性からさようなことを言われても迷惑なだけでございます。
しかも聞くところによれば、この美元氏浪費癖があって癇癪持ちの性格
夫に暴力を振るい、ストーカー行為をはたらいたそうでございまして
そういったことから恐怖を感じた高嶋氏、半ばノイローゼになってしまったようでございます。
そんな女性から別れたくないと言われれば、男冥利などと暢気なことなど言ってはおられません。



かくなるうえは高嶋氏、最近の離婚裁判の潮流とも言える「 破綻主義 」にのっとり
野放図で支離滅裂、過激で異常な性格破綻者と化し
美元氏との夫婦関係を徹底的に崩壊させるよりほか、道はありますまい。
深酒やヘビースモーキングをこよなく愛し、パチ屋と競馬場に足しげく通い
ベッドの上では思わず目を背けたくなるような変態プレイに耽溺し
美元氏に一里四方まで響き渡るほどの大音声で悲鳴を上げさせるような
鬼畜変態魔人になりきるよりいたしかたございません。



そうやって実質的に夫婦生活を完膚なきまでに破綻させ
改めて離婚の申し立てをなさってはいかがでございましょうか。
もっとも、そうなるともはや「 芸能生活を投げ打って 」どころではなく
「 人生を投げ打って 」ということになってしまいましょうが
これも運命だと思ってあきらめなさいまし。



化け物を退治するには、その化け物を凌駕するような化け物に
自分も変身しなければならないのでございます.....






コメント

非公開コメント