弟子の傷、師匠の傷






お目汚し、失礼いたします。



怖いもの見たさと申しましょうか、正直なところ、元々グロ耐性が弱いにもかかわらず
その手のものには興味を引かれる私でございますが
不意打ちのようにやってくるものはノーサンキューでございます。



たとえば今相撲界を揺るがせている日馬富士の暴行傷害事件でございますが
これに関連して被害者貴ノ岩の痛々しい頭の傷が
突如としてテレビ画面に大写しになることが多々ございました。
現在はそういうことはないようですが
はっきり申しましてあれは放送コードにひっかかるのも同然のものであり
自粛しろと言いたいのが私の個人的見解でございまして
あんなものを食事中だとか小さな子供が見ているときにテレビで流すべきではございません。
貴ノ岩本人も医師や関係者相手ならともかく、公共の電波を通して大衆の前でさらされることには
激しい抵抗があるはずでございます。



私も当初は医療用ホチキスで縫われたあの傷口を見て
女医か看護師出身の女王様に尻や肛門を塞がれるという
過激なプレイの実況画像を連想する余裕があったのですが
あの映像がテレビでいきなり流れるという状況に何回も遭遇するうち
さすがに「 ヲイ、もうやめとけよ 」という心境に変化いたしました。
日馬富士の暴行の激しさを伝えるためなのかもしれませんが、やり過ぎという感が否めません。



それにしても相撲界、この事件に関して炎上がきれいさっぱりと収まるというような状況には
まだまだほど遠いようでございます。
そんな中、渦中の貴ノ岩の師匠、貴乃花親方の姿がメディアによく登場するのですが
あのシニカルな表情、なんとかならないのでしょうか。
相撲協会側の意を汲んだマスコミが何らかの忖度をして
わざわざああいうイヤミな顔をする貴乃花の映像を流しているのかもしれませんが
まるで当事者意識の欠片もないように見えるあの涼しげな表情、何やらイライラしてまいります。



かつて貴乃花が現役時代、女優・宮沢りえとの結婚話が御破算になったとき
「 ( 宮沢りえを )愛する気持ちがなくなった 」と発言してかなり叩かれたようですが
貴乃花親方のあの表情は、そのときの恨み辛みをこの機会に晴らしてやろう
こちらは傷害の被害者だ、大儀名分はこちらにある、もっとモメてやる、何もかも壊してやる
馬鹿な世間を騒がせてやる、踊らせてやるという意欲マンマンのようでございまして
江戸の敵を長崎で討つ、女房相手の中折れをソープ嬢で挽回するといった気配がアリアリ。



もしかすると貴乃花親方、あのときの心の傷を今も引きずっているのかもしれません。
冷笑を浮かべているようにさえ見える貴乃花親方のあの表情
見ようによっては親方の心の傷が大写しになっているようにも受け取れます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント