植物系男子






あけましてお目汚し、失礼いたします。



ちょいと新年の御挨拶が遅れてしまいましたが
皆様、いかがお過ごしでございましょうか。
相も変わらず寒い日が続いております。
本日、私の地元の空は雨模様でございまして、なおさら寒さが身に沁みました。



寒いとトイレが近くなるものでございます。
ましてや年を重ねて前立腺が大きくなり
膀胱に締りが無くなったお年寄りはなおさらでございましょう。
また、仕事で忙しいかたなどは、度重なる尿意にイライラしてしまいましょうが
だからといって事を急いては思わぬ失敗をしでかすもの。
まだ全部出きっていないのにチャックを閉めて追っかけ漏れをやらかしたり
あわててチャックを引き上げたためにイチモツを挟んでしまったという男性諸氏もおられましょう。
そしてこのような失敗は同じ男性なら老若を問わず起こりうるものでございます。



小学生の頃、友達数人とこの手の失敗の話で盛り上がったことがございました。
その中でも特に盛り上がったのはチャックにチンコを挟んでしまう失敗についてでしたが
挟んでしまってケガをしたら包帯を巻かないといけなくなると私が冗談で言ったところ
友達からすっかり馬鹿にされてしまいました。
そんな大袈裟なことをするやつがあるか。
ツバでも付けとけば治るだろ、と鼻で笑われたのでございます。



ほんの冗談で言ったつもりが( コイツ、マジで包帯を巻くんじゃないか )と思われたような気がして
何やら不本意でございました。
それに当時の子供たちの間では、心身ともに弱々しくて外で遊ぼうとしない者は
あからさまな軽蔑の対象となっておりまして
私は自分のことを、ちょっとケガをしたぐらいでチンコに包帯を巻かなければならないような
繊細で神経質で虚弱なやつだと決め付けられたような気がして、疎外感さえ感じました。



まぁ確かに当時の私、モヤシだ青瓢箪だと言われても仕方のない
ヤワな植物系男子でございました。
むしろそのことがコンプレックスとなっていたからこそ、包帯のことで傷ついたのかもしれません。
今やもうその傷は記憶のかなたに埋もれてはおりますが、依然として微かに疼いております。
せめて股間のモノが太くて立派な黒瓢箪になっていたならそんなことは無かったでしょうが
悲しいかな私のイチモツ、昔も今も「 末生り 」でございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント