チョコレートの使い道






お目汚し、失礼いたします。



明後日の水曜日、2月14日は聖バレンタインデーということで
全国的にチョコレートの売り上げが伸びる日なのですが
チョコレートと言えば私、昔見た海外ドラマのワンシーンをときおり思い出します。
硫酸の入った金属製のタンクにできた割れ目を、硫酸とチョコレートが化合して固まることを利用し
チョコレートを使って塞いでしまうという突飛なシーンでございます。



日本版タイトルが「 冒険野郎 マクガイバー 」というテレビドラマでのことでした。
ドラマの内容はと申しますと、マクガイバーという男が犯罪組織と戦うアクション物でございます。
このマクガイバー、科学全般にわたって豊富な知識を有しており
それらの知識を駆使してその場にある手近なものを利用し
敵をやっつけたり危機を脱したりするわけでございまして
まぁ例えるなら瞬時に検索ができるインターネットのような頭脳と
どんなこともやってのけるユーチューバーなみの決断力・行動力を兼ね備えたキャラでございます。



このドラマ、主人公の科学的知識を武器にしたこういう突飛な活躍が
セールスポイントだったようでございまして
本国アメリカではシーズン7まで制作されている長寿番組でございました。
最近リブート版も制作されているようですが
当時、「 バイオニック・ジェミー 」や「 エアウルフ 」
「 ナイトライダー 」といった海外ドラマに慣れ親しんでいた私は
主人公マクガイバーのヒーローとしてのスペックがやや地味な感じに思えてしまいまして
このドラマ、そのチョコレートの回しか見た記憶がございません。
まぁ今DVDでも借りてきて見直してみれば、けっこうおもしろいドラマなのかもしれませんが。



ところでこのチョコレートによるタンクの割れ目の修復作業についてググってみたら
やはりフィクションゆえ、厳密にはそんなことは無理だろうという記述をいくつか見かけました。
ユニークなタイプのヒーローではございますが、マクガイバーが披露する科学的知識に誤りでもあって
マネをした者が大変な目に遭ったとテレビ局や制作会社を訴えるようなことは無かったのでしょうか。
訴訟大国アメリカで作られたテレビドラマでございますゆえ、その辺が気になります。



まぁチョコレートがタンクの割れ目を塞ぐのは無理かもしれませんが
少なくとも毎年2月14日には女性が男性の気を惹き付けることに役立っているわけでございます。
そしてそれが縁で交際が始まり、やがて添い遂げた男女が一夜を共にして
男性が股間のチンコレートで女性の股間の割れ目を塞ぐことになれば
なおさらよろしゅうございましょう.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント