寄生銃






お目汚し、失礼いたします。



米国はジョージア州の中学校において先月末
教員による銃の発砲事件が起きております。
米国においては先月半ば、フロリダ州の高校で銃乱射事件が勃発し
生徒ら17人が死亡するという凄惨な事件が起きたばかりでございます。
しかも学校や10代の少年少女に関連のある銃撃事件が
今回のものを含めれば今年になってからすでに20件近くも起きているとのこと。



さっさと本腰を入れて銃の規制をしろよと思うのですが
もう耳にタコができるほどその名を聞かされた「 全米ライフル協会 」の圧力と
アメリカ合衆国憲法修正第2条によって根本的な規制が不可能な状態でございます。
この修正第2条には解釈がいろいろとあるようでございまして
これは一般市民が銃を所持する権利を認めたものではないと主張する意見もありますが
米国連邦最高裁判所の判例はその見方を退けております。



銃を持つ権利を規制できないのなら、それを持つ人間の方にかなり厳格な規制をかけて
持てなくしてやればいいと思うのですが、これも個人の自由に関わってくる問題となるため
ある程度は規制できても根本的にはダメということになりまする。
ことほどさように米国においては銃器は生活の一部と化しているようでございますが
考えてみれば実に危険で、なおかつ不気味な話でございます。
岩明均の漫画「 寄生獣 」は、人間になりすまして社会に浸透し
突如襲い掛かってくる人食い生物のことを描いておりましたが
米国はまさにこの「 寄生獣 」ならぬ「 寄生銃 」が浸透した社会と言えましょう。



銃も自由も規制はダメ、規制が規制を受けて寄生銃を規制できないというわけでございまして
これはもうお手上げでございます。
しかし人が死の危険にさらされることがわかっていながらそれを排除できないというのは
何も銃に限ったことではないかもしれません。
現にわが国では高齢者による車の運転事故が頻発し、何人も人が亡くなっているにもかかわらず
認知症老人や運転技能が衰えたロートルドライバーから強制的に免許を取り上げて
運転行為を規制するということもせずに野放し状態でございます。



規制というのは色々とむずかしいものでございます。
私も自らのオナニー癖を規制するのに人生の大半をかけて悪戦苦闘してまいりましたが
結局、規制が功を奏したのは自身の精力が衰え始めた50代になってからでございます。
まぁ規制が功を奏したというよりも、規制する意味がなくなった、といったところでしょうが.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント