桜の木の下には






お目汚し、失礼いたします。



本日はいわゆる寒の戻りというやつでございましょうか。
かなりヒンヤリとした一日となったようでございます。
ここ数日、比較的暖かい日が続いておりましたので
なおさら寒く感じられたようでございます。



先月末から今月初めにかけて気温の上昇がかなり急激でございました。
そのせいかアレヨアレヨというまに桜が満開となり、早々に散ってしまいました。
私どもの地元では先月末の土曜日がもっとも見ごろだったようでございまして
その日、桜並木のある道を車で仕事先へと向かっていた私は
これからお客様と会わなければならないのだと重々承知しながらも
ついつい並木のそばの路肩に車を停めてしまい
満開の木々から桜の花びらがゆっくりと舞い落ちる様子を暫し眺めておりました。



いい年をして何をやってるんだと自身を叱咤する声が頭の中で木霊しておりました。
しかし、やわらかい薄紅色の花びらがおだやかに上品に舞い落ちるさまは
それを愛でるために時間を割くことを厭うという方が
むしろ罪深きことのように思えてくるほど、あでやかでございます。



ふと、フロントガラス越しに舞い落ちる桜の花びらを何に例えようかと考えました。
桜吹雪というほど風は強くはなく、花びらはお互いが近すぎもせず、遠すぎもしない間隔を空け
静かにやんわりと舞い散っていきます。
それは花弁というよりかは、淡いピンク色をした極小の鳥のようでございまして
神々しい生命感に溢れておりました。
ハチドリよりも小さな小さな薄紅色の鳥たちが
天上から地上へゆっくりと舞い降りているのでございます。



そんな神秘的な光景を目にするうちに、天上から降り注ぐ淡色の花びらを
こころゆくまで頭から全身に浴びてみたいような渇望を覚えました。
素っ裸になり、五体すべての素肌に薄紅色の極小の鳥を降臨させるのでございます。
服を脱いだ私が車のドアを開けて並木道に立ち
四肢を大きく広げて彼らを全身で受け止めるのでございます。
極小の鳥たちは、その柔らかい雄しべのような鉤爪で私の素肌の隅々に止まり
その小さな羽を休めることでしょう。



そして私の全身を覆い尽くした彼らは、何か美味しいものはないかしらと
細かい雌しべのようなクチバシでいっせいに私の素肌をつつくことでしょう。
微細な泡が全身の体表から湧き上がってくるようなその感触によって
地上から天上へと吸い上げられていくかのごとき快感に肉体の芯を貫かれた私は
背中を弓なりに反らせて ピュッピュ! ピュッピュッ! とばかりに精を放ってしまうのでございます。
しかも極小の鳥は何度も何度も私の素肌をクチバシでついばみ
間歇的に訪れる快感の火柱に繰り返し繰り返し突き上げられた私は
やがて天上へと舞い上がっていくのでございます.....



春の空気と桜の花びらにはそんな幻想に浸かりたくなる霊妙な何かがございます。
桜の木の下には屍体ならぬ変態が埋まっているのかもしれません.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント