スクープ事件






お目汚し、失礼いたします。



もうすっかり古びた話題となってしまった感がございますが
財務省のトップがセクハラ騒ぎで辞任しております。
しかしこの一件、正直なところ私、「 ハァ?」という感が否めません。



件の財務次官が下ネタを連発する録音データが開示されているのは承知しておりますが
この音声、少なくとも私が聞いた印象では
福田某氏の物言いが何か強迫めいたものだというふうには感じられませんでした。
あの発言に接しているうちにいずれ自分はこの人に身体を触られる、パンティに手を突っ込まれる
ズボンの中の臭いイチモツを咥えさせられる、あのオッサンの濃い精液を飲まされる
というふうに担当の女性記者が実際に恐怖したのか、私個人としては疑わしい気がいたします。



もちろんセクハラというのは被害を受けた者の感じ方が重視され
不快だと感じたのなら成立するものなのでしょうが
不快だということを相手に伝えるなり、しかるべきルートを通して善処させるなりというのが本筋であって
そんなこともせずにイキナリ録音、即公開というのは何やら胡散臭いものを感じざるを得ません。
警察が威嚇射撃も無しに強行犯を射殺するようなものでございまして
此度の一件は、取材する側とされる側との間の「 暗闘 」
もしくは「 仁義なき戦い 」の部類に属するようなことではないかと私は思うのでございます。



だいたい世の中の裏も表も白日の下に晒すことを社会的役割として担っているマスコミの人間が
取材対象の言動が不愉快だからといって別のメディアに泣きつくというのが理解できません。
逆にいえば、その程度のことでどこかに泣きついて
もっと大きなスクープを逃してしまうというのであれば
取材対象に接することについての職業的耐性が無いということでしょうから
深刻な社会問題をレポートするための潜入取材や囮調査など無理でございましょう。
とっととお辞めになった方がよろしいかと存じます。



思うに今回の騒動は、一連の財務省不祥事を取材する過程で最初から、あるいは途中から
何らかのスクープ事件( 「 スクープ記事 」ではなく )を引き起こして
財務省側ひいては政府側に何らかのダメージを与えようとして画策されたものだ
という気がしてなりません。
私はそれが良い悪いを申しているのではなく
事の本質はそこにあるのではないかということを言いたいのでございます。



もし此度の一件が額面どおりのことだったのならば
マスコミというブラック企業で働くのは、どうやら女性には無理なようでございます。
やはり男性記者がケツを掘られるのを覚悟で取材対象にぶつかっていくべきでございましょう.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント