憎い梅雨

憎い梅雨





お目汚し、失礼いたします。



今日から6月ということで梅雨がやってまいります。
九州北部や四国では先月28日に早くも梅雨入りとの事。
私の地元でも、今日はさっぱりとして夏真っ盛りを思わせるような晴天になりましたが
週間天気予報などを見ると、梅雨がヒタヒタと確実に近づきつつあるようでございます。



しかしいやですな、ジメジメと鬱陶しいというのは。
子供の頃、雨が降るとプールの授業が中止になるので
水泳が苦手な私、夏のあいだ学校に通っているときは雨が降るとホッと気分が落ち着き
ジメジメとして薄暗い雨天の日はうれしいものでございましたが
水泳の授業とも全く縁がなくなってしまうと現金なもので、雨というのが苦手になってしまいますた。
頭が濡れてハゲが目立ちますし、気圧や気温が低くなるためか何となく体調もすぐれません。



年を食ったせいで体温が低くなったらしく、ちょっと雨に濡れると身体が冷えて寒ぅございます。
先日の早朝、ビデオレンタル店の返却ポストへ借りていたDVDを返しに行ったのですが
ちょうど雨が降っておりまして、そんな中、コーギー犬を連れて散歩されている年増の御婦人を見かけました。
御婦人は傘を差しておりましたが、かわいそうにコーギーはビショ濡れ。
犬に服を着せるのはあまりよしとしない私ですが、この時は、おいオバハン、何か着せてやれよと思いました。



一応毛は生えておりますが、厳密に言えば犬というもの、素っ裸なのでございます。
それに、あれだけフサフサとしている毛が水に濡れてしまうと風邪をひいてしまうのではないでしょうか。
犬を飼わない私にはその辺、どうなのかよくわかりませんが
もし私があのコーギーだったら、全身をブルブル震わせ、歯をガチガチと鳴らしているに違いありません。



しかしもしもカラリと晴れ渡り、眩しい陽射しが大気をポカポカと暖めてくれていたならば
さぞかし気持ちいいことでございましょう。
飼い主の御婦人に連れられて心地良く温もった早朝の街を散歩しながら
電柱や並木へ風の向くまま気の向くままオシッコをひっかけ
好きなところで野グソをして、それを御婦人に拾ってもらい、ついでにオシリもフキフキ。
ジョギングをしているオネーチャンから「 まぁ~、かわいい~ ♥ 」と声をかけられ、頭を撫でられたりして。
やがて散歩も終わって家に戻り、足をきれいに洗ってもらって屋内に入るとお待ち兼ねの朝食タイム。
御婦人はバターをたっぷりと塗ったトーストに噛り付き
私はバターをたっぷりと塗った御婦人の裸体にしゃぶり付くのでございます.....



気の早い話でございますが、梅雨などとっとと通り過ぎてさっさと夏になってくれないものでしょうか。
まぁ、暑くなったら暑くなったでまたブーブー文句を言うのが人間という生き物でございましょうが
とにかく私、寒いとか冷えるとかいうのは勘弁して欲しいのでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント