シェスタのススメ






お目汚し、失礼いたします。



政府がサマータイム制を導入するとか申しております。
日照時間が長くなる時季に時計を一時間早めて
企業や官公庁の始業・終業時間を早くすることにより
照明やエアコンに要する電力量を減らし
また帰宅時間を早めることで平日における個人の自由な時間を増やして
有意義な日常生活を送ることができるというのでございます。
どうもこのサマータイム、国を挙げての制度になりそうなのですが
私個人としてはあまり賛成しかねる話でございます。



私の考えでは省エネ効果も有意義な生活も
結局のところ経済的な生産性に寄与するためのように感じられ
「 サマータイム 」というネーミングから連想されるような
どこか浮世離れした南国風のノンビリした生活とは裏腹のイメージのものに思えてなりません。
それに、企業や官公庁の始業・終業時間を変えることによって
そこで勤める人々の生活リズムが狂って体調不良を引き起こしたり
この制度を導入しない、あるいはできない企業や個人との間で齟齬が生じたりして
むしろ生産性が落ちるような気がいたします。



そんなものより、私が推奨したいのは「 シェスタ 」でございます。
これはスペインの日常習慣でございますが、午後1時から4時ごろまでの間を昼休憩とし
その間、昼食や昼寝などで、たっぷりと身体を休ませるというのでございます。
このシェスタを、日本でも夏の間だけ取り入れてはいかがでしょうか。



今年のような殺人酷暑の夏はもちろん、普段の夏でも午後1時から4時ごろは
暑さで肉体的・精神的にも負担が大きく、仕事もはかどりますまい。
ですからいっそのこと、その時間帯は仕事を休むことにして
その他の時間帯に体力や精神力を傾注すればよろしゅうございましょう。
昼間、余裕を持って休む時間があると思えば、仕事に励みも出ましょうし
気分的にも楽でございましょう。生産性も上がるに違いありません。



このシェスタなるもの、実は私、20代の頃からすでに存じておりました。
と申しますのも、当時たまたま目にした某テレビ局のドキュメンタリー番組において
このシェスタのことを取り上げておりまして
スペインの若いカップルの日常生活を通して、シェスタがどのようなものかを伝えていたのでございます。



てっきりありきたりなドキュメンタリー番組かと思っていたのですが
午前の勤務を終え、美味しそうなスペイン料理で昼食を済ませたそのカップルが
何やら寝室に入って行き、仲むつまじく会話を交わしていたかと思っていると
これはいったいどうしたことでございましょう。
おもむろにハメハメをおっぱじめたではございませんか。
局部にボカシが入ってはいたもののビーチク丸出し、動きはズコズコ
気持ち良さげな男女の顔がアップになりまして
まだ青臭くて血気盛んな若造だった私、思わず自家発電に興じてしまいました。



若いカップルのシェスタを見ながらシコッタわけですが同時に私
スペインの昼休みとはこんなにも大らかなのかと感心いたしました。
そしてそのような内容のドキュメンタリーをオンエアしてくれたその番組
確か「 金曜スペシャル 」とか申しましたが、何と素晴らしい番組かと感動いたしました。
それ以来、シェスタという言葉が私の脳裏と股間に焼き付いておりまして
日本でもこういった習慣が根付かないかとひそかに願っておった次第。



昼休みを長くするシェスタなんぞ怠け者を量産するだけだという御意見もございましょうが
シェスタを利用して昼日中からSEXを楽しむカップルが増えれば
生産性という観点からは、出生率アップにつながるのでイイのではないでしょうか.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント