パジャマ姿でマタ~リと






お目汚し、失礼いたします。



唐突ですが、ひとこと苦言を呈したいわけでございまして、何かと申しますと
日曜の朝にテレビでニュース情報番組を流すのはやめてほしいのでございます。



私のように土曜日も働いている人間にとって
仕事で忙しい毎日から解放されるのは普段は日曜日ぐらいしかございません。
その日曜日に朝からどのテレビ局もニュース関連の情報番組を流し
政治や経済の小難しい話をして視聴者を悩ませ不安にさせ
あるいは通り魔殺人や陰湿なイジメ問題などを取り上げて視聴者を暗い気持ちにさせたりして
何が嬉しいのでございましょう。
そういった報道番組が不要だというのではなく、時を選んで欲しいのでございます。



某テレビ局ではかつてのアイドルタレントをメインキャスターに据え
日曜の早朝からニュース情報番組を流しておりますが、この時間枠において以前
同局は子供向けの仮面ライダーシリーズとスーパー戦隊シリーズを流しておりました。
この二番組、親御さんにしてみれば日曜の朝、寝床からなかなか起きてこようとしない子供たちに
早起きをさせて規則正しい生活リズムをつけさせるためには好都合のテレビ番組だったのですが
今は放映時間が繰り下がって午前9時からのオンエアになってしまい
子供に寝坊癖がついてしまうため、傍迷惑に思っている親御さんも多いのではないでしょうか。
まぁでもあの番組、アナウンサーの一人にヒロド歩美という可愛いオネーチャンがおりますゆえ
私個人としては大目に見てやりたいという気が無きにしも非ずですが。



ちなみに私が小学生の頃、日曜の朝に流れていたテレビ番組で特に印象に残っているのは
「 兼高かおる 世界の旅 」でございます。
この番組、内容はというと文字通りでございまして
ジャーナリストの兼高かおる女史が世界じゅうを旅行して
その旅先での映像をナレーターの芥川隆行氏といっしょに
オーディオ・コメンタリーのような形でお喋りをしながら紹介するというものでございました。



水戸黄門やGメン75のナレーションでおなじみの芥川氏、シリアスなイメージがございますが
この番組においてはけっこうコミカルな一面を見せておりまして
黒い網のようなブラウスを着た外国の女性が出てくるシーンにおいて兼高女史が
「 この人、このブラウスの下には何一つ身に着けてないんですのよ 」と申すと
「 え? 」
「 ですから、よく見ると素肌が見えちゃうんです 」
「 本当ですか? ジーー… <((●))>  <((●))> 」
と、ビーチクを見てやろうとしているかのような発言をいたしまして、私、思わずクスッといたしました。



この黒い網を着た女性がどこの国の人間かは覚えておりませんが、未開人というわけではなく
どちらかといえば先進国の女性だったかと存じます。
こういうきわどいシーンはけっこう多かったようでございまして
何しろ世界中の旅先でのことですから、日常的な感覚や風俗、習慣が日本とは異なっておりまして
たとえば旧ユーゴスラビアのとある地方では何かのお祭りの最中に
乳児の母親が他人の子の頭に自分のオッパイを絞って母乳をかけているシーンがございまして
これはその子が賢くなるかまたは幸せに暮らせるようにという
一種のまじないのようなものでございました。
この母親、カメラが回っていることもお構いなしで
しかも映像にはモザイクもボカシも何もはいっておりません。



このような大らかなお祭りの風習が、この地方に今も残っているかどうかは不明でございますが
もしこの地方の民が日本にやってきて、日本の風俗ならぬフーゾクを見たとき
若いニーチャンが女性の顔にザーメンをブッかけているのを見ればどう思うでしょうか。
おそらく自分たちの昔の風習を連想し、これは何か幸せのおまじないに違いない
たぶん女性が美人になるようにというおまじないなのだと、誤解するかもしれません。



ちょっと話が横チンにそれましたが、まぁともかく、私としては日常の憂さを忘れさせてくれるような
こういった世界的規模の紀行番組を、パジャマ姿でマタ~リと見ながらトーストでも齧っている……
そんな日曜の朝を過ごしたいわけでございまして
今のようにどこの局も横並びでニュース情報番組を流している日曜の朝というものに
息苦しさや窮屈さを感じずにはいられません。
視聴率競争から落ちこぼれないためには、こういう番組編成も必要なのかもしれませんが
私のような視聴者もいることを、テレビ局のかたがたには知っておいてもらいたいものでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント