目は口ほどにモノを言い

目は口ほどにモノを言い






お目汚し、失礼いたします。



半年ほど前のことでございます。
私と同年代の50代のお客様のところへ商談のために出かけてまいりました。
このお客様、個人で小さな不動産会社を経営しておられる社長でございまして
土地や建物を売ったり、賃貸契約の仲介をしたり、不動産の管理を請け負ったりと
手広くやっておられるのですが、ギラギラ・ガツガツした印象は無く
50代半ばといった年齢にもかかわらず、おだやかな青年のような風情のかたでございます。



ただ「 目は口ほどにモノを言い 」と申しましょうか
不動産業という生臭い商売を営んでおられるせいか
いついかなるときでも目が笑っておりません。
私と話をしているときも笑みを浮かべたり、軽く笑い声を立てたりはされるのですが
目の奥に宿っている光がどこか冷めておりまして
油断や隙が漏れ出るのを封じているように見えるのでございます。



流石だなと思いました。
場合によっては魑魅魍魎のような人間を相手に商売をすることもあるでしょうし
時として大きなリスクを伴うような取引をすることもあるでしょう。
あの冷めた目はそういった中で培われた武器のようなものなのかもしれません。
俺はみすみす騙されたり舐められたりするような人間ではないぞと
アピールしているのでございます。



しかし同時に脇が甘いなという印象も受けました。
確かにそのかたの目からは百戦錬磨の香りが漂い
一筋縄ではいかない相手だという雰囲気が立ち昇ってはおりますが
「 衣の下から鎧が見える 」などと申します。
威圧感や本音が私ごとき者に見透かされてしまうようでは
相手から逆に手玉に取られてしまいそうな気もいたします。



ともあれ、「 目は口ほどにモノを言い 」とはよく言ったものだと感心しておりますと
この社長よりも一回り年下と思われる女性がお茶を運んでいらっしゃいました。
聞けば年の離れた社長夫人だとのこと。
運ばれてきたお茶を賞味しながら「 若くてお綺麗なかたですね 」と申し上げましたが
なぜか御本人も社長もノーリアクションでございます。



はて、何か失礼なことをやらかしただろうかと不安になりましたが、すぐに合点がいきました。
目は口ほどにモノを言い、でございます。
「 若くてお綺麗なかたですね 」などと言いながら
私の目にその言葉を裏打ちするようなものが皆目見受けられなかったので
見え透いたリップサービスだということがバレバレだったのでございましょう。



そこで私、ちょっと失礼してトイレをお借りすることにいたしました。
トイレの個室で股間のイチモツをひとしきりこすり上げ
ズボンの前を膨らませた状態で再び社長夫妻の前に姿を現し
「 いやぁホントにお二人とも美男美女で惚れ惚れいたします 」と
目をギラギラ・ガツガツ充血させながら申し上げることにしたのでございます。



とはいえ、そうなった場合「 目は口ほどにモノを言い 」と申しますより
「 衣の下からチンコが見える 」といったところでございましょう。
まぁこんなことをしても私の商売人としての社会的価値が上がるわけもないですし
社長の目の奥に宿っている冷たい光の輝きが増すばかりでございましょうから
意地を張るのはやめにして、トイレをお借りするのは見送った次第。



今思えば私、イイ年をしてその社長と張り合おうとしていたのかもしれませぬ。
かたや小さくとも堅実な不動産業経営者、かたや吹けば飛ぶようなチンポの毛
おっと失礼、吹けば飛ぶようなちっぽけな自営業者でございます。
無意識下にあるそんなコンプレックスに衝き動かされ
私の目の奥にある「 世辞 」という薄っぺらな意図を見透かされまいとして
年甲斐も無い愚行に走ろうとしたのでございましょう。
忸怩たる思いがいたしました.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント