騙し騙され







お目汚し、失礼いたします。



大阪市は阿倍野区にある高層ビル、あべのハルカスの16階にて
今月16日から来年1月14日の間
「 生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展 」と銘打って
騙し絵で有名な版画家マウリッツ・コルネリス・エッシャーの展覧会が開催されます。
エッシャーや福田繁雄氏など騙し絵・トリックアートの作家が好きな私は
若い頃、その手の作品の展示会や催しによく出かけておりました。
今回の催し、今のところはちょいと忙しくて行けそうにないのですが
時間に余裕ができればぜひとも見に行くつもりでございます。



トリックアートといえばスティーヴン・スピルバーグ監督の
「 インディ・ジョーンズシリーズ 」の第3作「 最後の聖戦 」に出て来た
トリックアートを使った印象的なシーンを思い出します。
ネタバレになりますし、厳密に見ればツッコミが入るようなシーンなので
あえてどの場面かは申しませんが
騙されることの心地良さを味わうことのできるおもしろいシーンでございました。
まぁ騙し絵やトリックアートに限らず、推理小説とかミステリーなども
人は騙されることを楽しんでいるわけでございまして
突き詰めれば映画にしろ小説にしろ、フィクションを前提としたエンタティメントは
すべてその内容を現実の事だとして騙されて楽しむものだと言えましょう。



もちろん騙し騙されということがフィクションの世界ではなく
現実世界においておこなわれ、しかもそれが犯罪がらみだということになれば
シャレにはなりません。
振り込め詐欺やオレオレ詐欺の被害に遭って楽しいかたなどいらっしゃらないでしょうし
もっと大きな規模、何十億という詐欺被害となると
騙されることを楽しむなどとはとても言ってはおられません。



最近、大手不動産会社がいわゆる地面師グループに騙されて
数十億円にものぼる損害を被った事件がございました。
犯人グループには弁護士や司法書士を経験したことのある者もいるようでございまして
土地の所有者に成りすました婆さんを使って
不動産会社からまんまと大金をせしめたのでございます。



もっとも、騙された不動産会社の側にも若干の落ち度があるようでございまして
この案件を扱っていた担当者や責任者は、おそらく会社から左遷かクビを宣告されるでしょう。
ひょっとすると今ごろ彼らは

頼む、どうか夢であってくれ!
夢でなければ、俺は破滅だ! 今回のことは絶対に夢だ、夢に決まってる!
そうだ、これは「 元祖どっきりカメラ 」とか「 スターどっきりマル秘報告 」とか
「 モニタリング 」とかいったテレビ番組が企画した大掛かりないたずらなんだ! 
今にも野呂圭介が赤いヘルメットをかぶり、青いプラカードを持って
俺の前に姿を現すはずだ!
いや、もしかするとフラッシュモブかもしれんぞ!
これは誰かが俺を驚かそうとして仕組んだフラッシュモブなんだろ?
もうじきあの犯人グループのオッサンや婆さんが
コーラスとともに軽やかなステップを踏みながら踊りだすに違いない!


……などと虚しい妄想にすがりつき、錯乱状態に陥っているかもしれません。



とはいえ、日常生活において人間は
ビジネスでの駆け引き、夫婦間のコミュニケーション、御近所とのつきあいなど
色々な局面において、多少なりとも相手を騙したり相手から騙されたりしているものでございます。
考えてみれば怖い話だし、悲しい現実ぢゃないかとおっしゃるかたもおられましょうが
それで何のトラブルも無く、むしろ世の中がうまく回っているということは
嘘や虚構が人間社会を円滑に動かすための
ローションあるいはワセリンとしての役目を果たしているからといえましょう。
何しろ「 嘘も包茎 」と申しますゆえ.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント