ヒッグス先生さようなら




お目汚し、失礼いたします。



先週のことでございました。
車を運転して帰宅する途中、カーラジオから
アナウンサーの興奮した声が聞こえてまいりました。
「 ヒッグス粒子 」と申す素粒子の発見に関するニュースでございまして
とにかく大発見なのでございます。



この素粒子のハケーンがどれほど画期的なことなのか
文科系の私には㌧と見当も付きませんが
アナウンサーはひたすら興奮しております。
ここ最近、プレッシャーのきつい仕事を数多く抱えてしまっている私にとっては
酔っ払いのしゃっくりのような名前のこの粒子が発見されたことなど
正直なところ、どうでも良き事。しかもニュースをよく聴いてみれば
ヒッグス粒子「 らしきもの 」が発見されたとのこと。
そのものズバリかどうかは、現時点ではわからないのでございましょう。



そのときは、テレビもラジオもこのヒッグス粒子のことで
持ちきりでございましたが、この素粒子の発見によって
われわれに何か得をすることがあるとでも申すのでございましょうか。
そんなに価値のある素粒子なのでございましょうか。
大規模な研究施設を大枚はたいて作らなければならないほど
この素粒子は重要なものなのでございましょうか。
何やら高額の報酬をもらいながら
日本の景気回復に何も貢献していない
日銀総裁のマヌケ面を見ているようで片腹痛ぅございます。



聞く所によればこのヒッグスの旦那、万物に質量
すなわち重さを付与する「 神の粒子 」だそうでございまして
ならば、おいヒッグス、最近私の一物の「 勃ち 」が鈍いのは
そなたが私の愚息にチョッカイを出し、重たくしているせいであろう。
実に怪しからん輩じゃ、そこに直れ。プンスカ! などという
八つ当たりまでしたくなるような気分でございます。
何が「 神の粒子 」でございましょう。
「 信ずる者は救われる 」どころか
「 信ずる者は重くなる 」ではございませんか。
これでは女性にもてるはずがございません。



物理学上の発見もよろしゅうございましょうが
今の世の中、もっと発見しなければならないものが
ゴマンとあるはずでございましょう.....






コメント

非公開コメント