路上の蚤






お目汚し、失礼いたします。



前回の記事でインフルエンザを患ったのではないかと心配していた私ですが
連休明けにかかりつけ医に診察してもらったところそうではないとわかり一安心。
しかし風邪であることに間違いはなかったため医師から安静を命じられました。
いつまでもダラダラ風邪を引きずるのもイヤなので、思い切って3日ほど休むことにいたしまして
自宅でゆっくり休養をとると、かなり体調が良くなり週末にはきれいサッパリ治っていた次第。
しかし風邪の悪化を恐れてその間まったく風呂に入っておらず、すっかり身体が臭くなってしまいました。
加齢臭も加わってその悪臭たるや我ながら凄まじく
トイレできばっている時などはウンコのニオイも加わって息が詰まりそうなほどでございました。



まぁそれはそれとして、路上ライブをしていた女性シンガーからCDを買った男が
その女性の目の前で買ったばかりのCDを踏み付けるという
なんとも失礼な行為に及んでいる動画がSNSにアップされて炎上しているというニュースを
昨日ネットで目にいたしました。
この男、自分は正義の味方だというようなことを申しているとのこと。
路上ライブが無許可でおこなわれていたから制裁を加えたというのが男の言い分のようですが
動画を見たネット民の反応としてはおおむね批判的な声が多いようでございます。
まぁ確かに正義の味方なのかもしれませんが
ネット民からは相手が腕力の無い女だから調子こいてんだろとか
女性シンガーの顔は見えてるのにテメェは顔を曝してねぇだろとか言われておりまして
いわゆる「 強きを助け弱きを挫く 」手合いだというのは間違いないようでございます。



それにしてもこういった路上ライブをする人間の心臓の強さには感服いたします。
不特定多数の人間を前にしてライブ演奏や大道芸を披露する場合には
パフォーマンスに集中しているために突発的な事故や悪意のある加害行為に対して無防備になってしまいます。
何が起きるかわからない。どんな人間が通りかかるかわからない。
そんな状況下でライブパフォーマンスをやるのでございます。
今回のケースの場合、CDを踏み付けられただけで済んだから良かったものの
もしもあの男が正義や性器をふりかざし、チンコを押し付けてきたりブッかけてきたり
押し倒してきたり伸し掛かってきたりハメてきたりイッてしまったりしたら
どうなっていたことでございましょう。
そういったリスクにも怯まず自分のやりたいこと、やらねばならないことを貫徹する姿には頭がさがります。



私のようなヘタレには想像も及ばない覚悟でございます。
私が若い頃の話ですが、大阪市のN区の路上で現場仕事をした際
そばを歩いていた胡散臭いオッサンがニヤけた顔で
「 ニイチャン、その脚立ちょっと貸してくれへんか 」と唐突に言ってきた際には
飛び上がるほどビビってしまいまして
思わず脚立とケツを自分の手で押さえておりました。
いったん貸したら一生涯貸さなければならないと思いましたし
何よりも路上にいた見ず知らずの他人が急に馴れ馴れしく物を貸してくれと言ってくる状況に
とまどっていたのでございます。
そしてなさけないことに私のそんなノミの心臓は今も変わっておりません.....











                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント