返り咲き






お目汚し、失礼いたします。



今月半ば、米国でおこなわれたマスターズ・トーナメントというゴルフの選手権大会において
タイガー・ウッズが優勝いたしました。
タイガー・ウッズといえば、プロゴルファーとして輝かしい成績を残しながらも
その女性遍歴の華やかさからセックス依存症という診断を下され
離婚した妻から多額の慰謝料をふんだくられて表舞台から退いたという印象がございましたが
今大会において奇跡の復活を遂げたとのこと。



産経デジタル、2019年4月17日17時11分の記事によれば、この復活劇に貢献したのが
エリカ・ハーマンという33歳の女性だそうでございます。
ウッズ氏は一昨年からこのエリカさんと付き合い始めたそうで、おりにふれてエリカさんを同伴し
前妻の間にできた子供とエリカさんとの関係も悪くはなさそうだということでございます。
ただし記事によればウッズ氏がこの女性と結婚するか否かは不確定とのこと。



それにしても腐っても鯛と申しますかウッズ氏、前妻に支払った慰謝料がなんと100億円
関係した女性は120人もいるそうでございます。
100億円もの慰謝料を支払える経済力、120人もの女性と関係できるほどのチンコがあるとは
羨ましい限りでございます。
そう考えるとウッズ氏が表舞台に返り咲いたのは
元々ウッズ氏に「 やればできる 」「 ヤレばイケる 」という素養があったからでございましょう。
そしてエリカという女性との交際がその素養をイイ方向に再起動させたのかもしれません。



ウッズ氏にとってエリカさんは言うなれば「 あげまん 」といったところでございましょうが
いったん落ちぶれたり、道を踏み外したりした人間が
誰かの助けや影響によって立ち直るという話
たいていの場合、女性が男性を立ち直らせるというパターンが多いようでございます。
逆に男性が女性を立ち直らせるという話、女性が「 あげちん 」によって立ち直るという話
私はあまり聞いたことがございません。
たぶん女性はどん底から返り咲くとき、立ち直るのではなく開き直るゆえ
男性の助けを必要とはしないのでございましょう.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント