反感分子






お目汚し、失礼いたします。



5月1日、令和に元号が変わった一日目の朝のことですが
寝間で起きたときから私、頭痛に悩まされておりました。
せっかく新元号に変わった最初の日だというのに朝から頭痛とはついておりません。
天気はあいにくの雨でございまして、たぶん気圧の影響による体調不良だったのでございましょう。



まぁ私のような人間の体調はともかく、世は令和への改元を無事終えたようで何よりでございます。
改元にともなう何らかの騒動を警戒して、東京では渋谷のスクランブル交差点に
サブマシンガンを携えた機動隊を投入することも視野に入れてトラブルに備えていたとのことで
何やら物騒な話でございますが
都心の繁華街で9mm弾の連射音と暴徒の阿鼻叫喚が交錯するような事態にならなかったのは
幸いでございましょう。



ただ、皇族が通う中学校に不審者が侵入したという事件が改元の数日前に起きておりましたが
これもわずか2、3日で容疑者の男がスピード逮捕されております。
それにしても多少の異議や齟齬がありながらも何か国全体で物事が進められようとしているときに
まったく反対の立場を取る者、徹底的な反感を抱く者というのは
どんな場合にも一定数存在するわけでございまして
この不審者は、その行動が皇族に対する敵意を示唆するようなものであり
また逮捕後の供述で皇室を批判するようなことを申しているとのことで
そういった「 反感分子 」の最たるものでございましょう。



警察に連行されるこの男の様子がテレビで流れておりましたが
その顔にはなんとも言えないシニカルな表情が浮かんでおりました。
警察に捕らえられながらも不敵な面構えをさらすその胸中には何が過ぎっていたのでございましょう。
世間を騒がせるのは承知の上で、自らの理念に基づいて行動したことへの満足感でしょうか。
それとも、まさか捕まるとは思っていなかったにもかかわらず
警察のリレー方式による捜査でアッサリとお縄になってしまったことへの悔しさや腹立たしさでしょうか。
あるいは、取調べの前に受ける警察での身体検査の際に肛門をイジられることへの
恐怖や戦慄や興奮やときめきや期待やドキドキ感やウキウキ感ワクテカ感だったのでしょうか。



まぁいずれにせよ子供に危害を加えたり、そういったことを匂わせたりする輩は
どんな事情があっても例外なく糞野郎なのでございます.....







                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929


コメント

非公開コメント