焼けぼっくい






お目汚し、失礼いたします。



先月下旬のことでございます。
仕事先でたまたまNHKの教育テレビを見ることがございました。
芸人のトレンディエンジェルが出演している英会話の番組なのですが
番組内の劇中において女優の服部妙子さんが出演しておられます。
役どころは旅館の女将さんか何かのようでしたがよくわかりません。
詳しい状況は申せませんが、仕事先にあったテレビに映っていたのを目にしただけで
音声も小さかったため詳細はわからなかったものの
緊張と慌ただしさに包まれた仕事先で見かけた服部さんの姿は
一服の清涼剤のようでございました。



今の若い衆には服部妙子と言われてもピンとこないかもしれませんが
私どものような50代のオッサンからするとビンビンくる女優さんでございます。
若い頃からとてもお綺麗なかたですが、その美貌には何やら暗い影や尖ったものが感じられ
昭和40年代半ばに放映された特撮テレビドラマ「 帰ってきたウルトラマン 」の
第16話・第17話で彼女が演じた小野由起子のムチムチした水着姿や
テロチルスの巣の中、石橋正次さん扮する松本三郎との情熱的な抱擁シーンは
当時小学生だった私の心に焼き鏝で捺されたように刻み込まれております。
その後、彼女が「 犯される 」というタイトルの昼メロに主演されたことで
服部妙子という女優の名は私の脳内のアーカイブの重要なタグとなりました。



はっきり申しまして、教育テレビの番組内で見た服部妙子さんには
あの頃のヌメヌメしたエロさは感じられませんでしたが
その代わり、思わずホッとするような癒やし系の色気が漂っており
何やらものすごく服部妙子さんのことが身近に感じられました。
お互いに年をとったせいかもしれません。
私は服部さんと直接お会いしたこともなければお話をしたことも無い真っ赤な他人でございますが
にもかかわらず、女性遍歴の豊富な男性が街でかつての恋人を偶然見かけたがごとく
不思議な、それでいてリアルな親近感を感じたのでございます。



こんなことを書くとストーカーだと疑われてしまいそうですが
もし今、「 この女優さん、誰? 」と人から尋ねられたら私
「 .....フッ、俺が昔つきあった女さ..... 」と思わず口走ってしまうかもしれません。
もちろんそれは私の大いなる「 感違い 」であり
本来は「 服部妙子か.....フッ、俺が昔シコった女さ..... 」と言うべきなのでございましょう。
たぶん、自分が若いころに何度もお世話になった記憶が
実際に肌を合わせたような生々しい親近感を呼び起こすのではないかと存じます。



そしてこういった親近感は服部さんだけに限りません。
私が若い頃に頻繁にお世話になった女優さん、たとえば市毛良枝さんとか名取裕子さんが
熟女や熟々女、超熟女となった姿を拝見するたびに必ず湧き起こる感覚でございます。
そのため彼女たちは私にとって今でも「 現役 」であり
何かの弾みで焼けぼっくいに火がつく、いや、焼けモッコリに火がつくこともあるのでございます.....





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント