内心の自由






お目汚し、失礼いたします。



昨日で当ブログ、開設以来8周年と相成りまして、本日より9年目の開始でございます。
思えば長いようで短い8年間でございましたが、一応、もうすでに8年も経っておりますゆえ
そろそろこのブログ開設にまつわるリアルの裏話をしても良い頃かなと存じまして
当記事において多少、そのあたりのことに触れてみようかと存じます。



当ブログ開設以前において私、某巨大電子掲示板に入り浸り
そこでせっせと書き込みをやっておりました。
振り返るに我ながらずいぶんと大人気ない荒らしまがいの書き込みだったなと
忸怩たる思い頻りでございまして
また当初は掲示板のシステムや暗黙のルールなどよくわからないまま書き込んでおりましたので
他の住人の皆様から御顰蹙やお怒りを買ったことが何回かございました。
しかしそれでも臆面も無くそこへ入り浸って書き込みを続けていたというのは
ひとえにその電子掲示板の、いかなる内心の自由をも確保する志向性
良いことも悪いことも、美しいことも醜いことも、浅ましいことも高邁なことも
この世のありとあらゆる思いや考えを書き込むことができるという
無限の広がりを有する空気に魅せられていたからでございます。



そんなわけで、その掲示板の常連となり
野放図で恥知らずな書き込みを水を得た魚のように繰り返していた私
やがてどなたかが立てたスレッドや自分が立てたスレッドに
エッセイのようなものを書き込むことに快感を覚えるようになりまして
そういったことを長い間続けておりました。
とはいえBBSというものは基本的に不特定多数の人間が閲覧・投稿をするものでございます。
そこへ誰か一人が快感を覚えながら書き込みを続けることは遅かれ早かれ無理が生じます。



私物化、という言葉が頭にちらつき始めました。
また私の独りよがりかもしれませんが
自分がそうやって書き込みができるのは掲示板の他の住人や運営ボランティアの方々が
何らかの目に見えない形で協力してくれたり
結果的に手助けとなるようなことをしてくれたりしているからではないかと思うようになり
マイペースで自己中な私がそういったことに何一つ報えていないことに対して情けなく
居心地が悪くなってきたのでございます。



結局のところ私、その掲示板でのエッセイめいた書き込みから退くことにいたしました。
そして基本的には自分一人で書き込むことのできるブログという形態で
エッセイのようなものを書くことにいたしまして、今日に至っております。
とはいえ、その掲示板を「 卒板 」したというわけではなく
今でもチョコチョコと立ち寄ってロムったり書き込んだりはしておりますが
以前ほどどっぷりと漬かることはなくなりました。



あの掲示板も管理人や運営体制やシステムなどに色々と変化があったようですが
今も私が初めて書き込んだ頃とあまり雰囲気は変わっておりません。
巷では最近、表現の自由を制限するような法律が作られ
裁判や訴訟をチラつかせて人の口に戸を立てようとする空気が目立ちますが
今後も、いかなる内心の自由も確保する志向性に変わりが無い限り
あの掲示板は安泰でございましょう。



何やら他所様のサイトを論評するようなことを書いてしまって恐縮でございます。
ともあれ、当ブログサイト、FC2ブログも内心の自由の確保を至上命題としているならば
ネットコンテンツとして滅びることはないかと存じます。





                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント