辞めるに辞められない

20200424112703b2d.jpg





お目汚し、失礼いたします。



フランク・チキンズの楽曲じゃございませんが
「 あんたもコロナ あたしもコロナ 感染拡大ゴホンゴホン♪ 」というような勢いで
新型コロナウイルスの感染者数が増加しております。
一般人はもとよりスポーツ選手、芸能人、テレビ局のアナウンサーに至るまで
その拡大は留まるところを知りません。
拡大を阻止するためには対人接触を避け、家でじっとしていることが肝要なのですが
それでは経済が立ち行かなくなります。
せめて感染確認のための検査が即時にできるような体制が整っていれば
感染していない人間だけで経済を回していくというやり方もありましょうが
万全と言えるような検査体制に必要な医療関係の人材や
物資や資金や技術などが乏しい現状ではそれもままなりません。



八方塞がりでございます。
今更ではございますが、オリンピック開催の年ということが足枷になったのか政府の初動の遅れは否めません。
しかもオリンピック延期が正式決定して、やっとウイルス対策が本格的に始まったと思ったら
マスク2枚のアベノマスク、星野源とのアベノコラボという大失態をやらかし
アベノワイフがあいもかわらずスキャンダルを垂れ流して国民の大反発を招いております。



失態を犯したら冷静に状況を見極めて、仕切り直しや別の手を考えるのが大人の対応でございましょう。
しかるに安倍晋三氏はアベノマスクと揶揄されたのがよほど腹に据えかねたのか
子供のように意固地になって今も公の場ではあの布製マスクを着用しております。
脇がガラ空きのあんなマスクでは感染防止に役立つとはとても思えませんし
あの脇のすき間から虫やゴミが入り込み、それが鼻にまで入って
答弁や会見の最中にクシャミが止まらなくなったらどうするんだろうと
他人事ながらいつも心配でなりません。



「 乖離 」というものを感じました。
一般庶民の感覚と政治家や役人の意識との乖離でございます。
それが如実に現れたのはアベノコラボでございました。
自粛できるほど生活に余裕のある人間は、あんなものをわざわざ見せられなくても自粛するものでございます。
大半の人間は仕事の関係で、あるいは経済的な余裕の無さから
自粛できないか、あるいは自粛を続けることに不安を抱いているのでございます。
そんな世の中に対してあんなものを見せつけるとは
勘違いを通り越して意地の悪いジョークにしか思えません。



そもそもあれは星野源の歌に合わせて踊るという趣旨のエンタテインメントではないのですかな?
踊ってなければ「 却下 」でございましょう。
どうせアベノマスク同様、浮世離れした無能役官僚に唆されてやらかしたんでしょうが
自分は踊れない、一人で踊るのが恥ずかしいというのなら
恥という概念が頭にインプットされていない御夫人にリードしてもらって
チープダンスでも踊ればよろしゅうございましょう。
いっそのことあのボサノバ調のメロディにふさわしく
熟年夫婦の気だるげな生ハメ動画を披露していたら
国民の反応もまた違っていたのではございませんかな?



最近とみに感じるのですが、安倍氏には一国の首相としての自覚が無いように思えてなりません。
氏はワンマンなタカ派という見方をされることが多いのですが
姑息な中間管理職と世間知らずのお坊ちゃまを足して2で割ったというのが実像のようでございます。
それに前々から感じていたのですが
政治家としてどっしりと構えているといった印象がございません。
何やらオシッコを我慢しているかのようなセカセカとした早口は聞いていて耳障りですし
以前、党首討論会の場で見せた落ち着きのない目の動きには異常なものさえ感じました。
目玉が左右に動くミミズクの掛け時計がありますが
その目玉が高速で左右に動いているような有様だったのでございます。



安倍氏の危機管理能力に問題のある状態がこれ以上続けば
いずれは身内である与党から首相職を辞任するように要求する声が上がるでしょう。
しかしあとを引き継ぐ大変さを恐れて、政府与党の重鎮からは積極的な辞任要求の声は上がりますまい。
また若手が声を上げても握りつぶされるだけでございます。
もっとも、一部報道によれば安倍氏は周囲に「 辞めたい 」というような弱音を漏らしているとのことで
本人が一番辞任したがっているのかもしれません。



あの両脇スカスカのマスクは、もしかすると意固地になっているのではなく
一秒でも早くコロナウイルスに感染して
それを理由に辞任したいがゆえに着用しているのではないでしょうか。
しかし世の中、そんなに甘くはございませんぞ。
イギリスのジョンソン首相のようにコロナに感染しながらも公職に復帰して
激務をこなしている政治家もいるわけでございますし
周囲はお鉢が自分に回ってきたり火中の栗を拾うハメになったりすることを恐れて
辞めることを許しはしないかもしれません。



首相は辞めようにも辞められない、国民は辞めてもらおうにも辞めてもらえない。
今、この国はそんな閉塞した状況にあるのではないかと存じます.....







                                       プロフィール画像2015圧縮前→fg→圧縮→jpg→FC2画像圧縮20150929

コメント

非公開コメント